トヨタの商用バン「ハイエース」は、商用ユーザーのみならず、個人ユーザーからも高い注目を集めています。なかでもアウトドア派ユーザーから根強い支持を集めているのが、純正コンプリートカー「MRT(マルチロールトランスポーター)」です。

個人ユーザー向けの最強特装車「マルチロールトランスポーター」

 トヨタの人気商用バン「ハイエース」は、貨物輸送などの商用利用のみならず、個人ユーザーの需要が年々増しているといいます。
 
 広い荷室にアウトドアレジャー用の道具を運んだり、ベッドを設置して車中泊を楽しむユーザーが増えているのです。
 
 そんな個人ユーザーに向け、トヨタはハイエース最強の使い勝手を誇る純正コンプリートカー「MULTI ROLE TRANSPORTER(マルチロールトランスポーター:MRT)」を用意しています。

 200系と呼ばれる現行型ハイエースは2004年8月に登場しました。以来、18年の長きに渡り現役選手を続けているロングセラーモデルです。

 もちろん18年の間には、大規模なマイナーチェンジを含めた改良を続け、常にアップデートを重ねています。

 直近では2022年4月にも、先進運転支援機能の追加や、ディーゼルエンジンの燃費向上といった一部改良を実施しています。

 そんなハイエース(ハイエース バン)は、大きく分けて3つのボディタイプを持っています。

 標準ボディ・標準ルーフの4ナンバー仕様と、ワイドボディ・ミドルルーフの1ナンバー仕様、そしてワイドボディ・ハイルーフのスーパーロング仕様です。

 スーパーロング仕様は全長5.3mを超えた大型サイズで、本格的なキャンピングカーのベース車両にもなっていますが、個人ユースにはちょっとハードルの高いボディタイプです。

 一般的には、標準ボディと、ワイドボディ・ミドルルーフ仕様がおススメのボディタイプとなります。

 この2タイプには、商用に徹したシンプルな仕様のほかに、ミニバン並みの後席シートを備え装備も充実させた上級仕様「スーパーGL」と、さらに内外装を豪華に仕立てた特別仕様車「スーパーGL ダークプライムII」が設定されていて、個人ユーザーの需要に応えています。

 そしてスーパーGLとスーパーGL ダークプライムIIをベースにした純正コンプリートカーが、アウトドアレジャー派の需要を一手に引き受ける最強のハイエースだとして、密かな人気を集めています。

 その名は「MULTI ROLE TRANSPORTER(マルチロールトランスポーター:以下、ハイエース MRT)」。トヨタの純正アクセサリーやエアロパーツなどを手掛けるMODELLISTA(モデリスタ)の特装車(メーカー完成車)です。

 ちなみに“トランスポーター”(トランポ)とは、オートバイや自転車などを輸送する車両のことで、ハイエース MRTも、専用の強化フロア構造を持っています。

 フロアは、床上の段差を解消する根太、防音と高さを微調整するレジンフェルト、べニアの板張り、ロンリュームを重ねた多層構造となっていて、さらにアンカーナットも装備し、荷物を固定させます。

 汚れに強い床は掃除もしやすく、アウトドアレジャーなどで用いる道具類を載せるのにも重宝します。

 ハイエース MRTは、シンプルな構成の床仕様「Type1」と、床+トリム仕様の「Type2」の2タイプを設定。車中泊ユーザーにおススメなのは、後者のType2です。

 荷室に収納ボックス付きの専用成形フルトリム内装を備えるType2には、オプションでベッドキットが設定されているのです。

 ベッドキットのベッドは、長さ1740mm×幅1430(1610)mm、許容荷重200kg。ベッドから天井までの高さは最大約850mm(約940mm)となっています[数値は標準ボディ/()内はワイドボディ]。

 大人2名が余裕をもって就寝可能なスペースを有しています。

 またベッドの下には十分な収納スペースもあるので、荷物の移動をせずに寝ることができるのもうれしいところです。

※ ※ ※

 ハイエース MRTの架装販売価格は、TypeIIで391万700円(スーパーGL・標準ボディ・2WD・ガソリン)から416万6600円(DARK PRIME II・ワイドボディ・4WD・ディーゼル)まで(価格はすべて消費税込み)。

 エアロパーツやアルミホイール、スポーツマフラー、ショックアブソーバーセットなど、ハイエース向けの純正ドレスアップ用オプションアイテムも豊富に用意されているので、好みの仕様にさらなるカスタマイズを実施することも可能です。