ポルシェは2022年9月8日、純正アクセサリーの新製品「ルーフ テント」を発表しました。ポルシェのルーフでどのように寝ることができるのでしょうか。

セミダブルベッドほどのサイズ 911からカイエンまで幅広い車種に対応

 ポルシェは2022年9月8日、純正アクセサリー「ポルシェ テクイップメント」から新たに「ルーフ テント」を発表しました。

 新製品の「ルーフ テント」は、名前の通りルーフに取り付ける着脱式のテントです。

 折りたたみ時、長さ146cm×幅140cm×高さ33cmとコンパクトな設計で、装着時130km/hでの高速走行も可能となっています。

 装着可能な車種は、純正のルーフキャリアを装着した911(GTシリーズ・カブリオレ・タルガは不可)、マカン、カイエン、パナメーラ、タイカンと幅広く、ルーフレールを装備しない車両にも取り付けが可能です。

 ルーフ テントはオールシーズン対応となっており、2人が就寝可能。ジッパー式の窓が横に2つ、天井に1つ設けられ、横の窓は全開が可能です。窓は虫の侵入を防ぐことができ、遮光機能も付いています。

 テントの外装は、綿混合素材を使用することで通気性を確保。防水ジッパーと入り口用の独立レインカバーにより、雨天にも対応しています。

 気になる室内は、縦210cm×横130cmでセミダブルベッドサイズの広さがあります。高密度ポリフォームマットレスを内蔵し、快適に就寝することが可能です。室内の素材は保温性の高いキルティング地を採用。山のシルエットのデザインがアクセントとなっています。

 ルーフ テントは、ブラック/ライトグレーとブラック/ダークグレーの2色展開となるハードケースに格納されており、ガスダンパーを内蔵することで簡単に設営できる設計となっています。

 ルーフ テントの受注はすでに開始しており、2022年11月より順次ユーザーの元へと到着する予定です。

 価格(ドイツの付加価値税VAT19%込)は4980ユーロ(約72万円)です。

 なお、今後の展開として、インナーテント、ヒーター付きブランケット、シューズ&バッグオーガナイザー(収納ケース)が用意される予定となっています。