トヨタは9月14日から9月25日まで開催されるデトロイトショーに新型「クラウン」を展示すると発表しました。

テーマは「Toyota in America」 米国での歩みを振り返りつつ、新型クラウンを展示

 2022年9月13日、トヨタは米デトロイトで9月14日から12日間にわたって開催される「North American International Auto Show(以下デトロイトショー)」に新型「クラウン」を展示すると発表しました。

 16代目となる新型クラウンは、フルサイズセダンのイメージを一新するモデルとしてグローバルモデルへと変貌を遂げ、2022年7月15日に米国で登場。日本国内では2022年9月1日より販売開始しています。

 力強い加速とハンドリングなど洗練された走りを実現するとともに、大胆な新デザインや快適性を備えました。

 米国の新型クラウンは、2種類のハイブリッドパワートレインを用意し駆動方式は全車4WD。「XLE」「Limited」「Platinum」という3グレードの展開となり、2022年末に発売される予定です。

 今年のデトロイトショーにおけるトヨタブースのテーマは「Toyota in America」。ケンタッキー、インディアナ、テキサス、ミシシッピ、アラバマの各地にある5箇所の工場が、米国の発展を支えていることに敬意を表すものです。

 約1600平方メートルのブース全体に設置されたサイネージには、アメリカにおけるトヨタの歩みを伝え、トヨタブランドの多様性と、レーシングモデルを含む現行モデルの進化を中心に紹介されます。

 ブースでは、アメリカ製モデル、トラックとSUV、電気自動車、レーシングモデル、GRモデルに焦点を当てた内容となります。

 また毎時間おこなわれるトヨタ・ライブを楽しむことができ、レーシングシミュレーターも設置される予定です。

※ ※ ※

 今回のデトロイトショーは、「Toyota in America」という大々的なコンセプトとなり、ブースにおいても米国でのトヨタの歴史を振り返るという、アメリカ要素の強い展示となります。

 そのなかで、長い歴史を持ちながらもほとんど国内がメインとなって販売されたクラウンが、米国人ユーザーにもお目見えされることで、どれほどの話題を巻き起こせるのか期待が高まります。