縦置きエンジンプラットフォームを採用したマツダの新型「CX-60」が2022年9月15日に発売されました。15日より販売開始されるのは一部グレードのみですが、どのような高級SUVなのでしょうか。

駆動方式は4WDもしくはFRを採用!

 マツダは、2022年9月15日に新型「CX-60」を発売しました。マツダの公式SNSでは「#CX60カウントダウン」というハッシュタグでCX-60の発売に向けてカウントダウンがおこなわれるなど、ファンの間でも期待が高まっていました。

 9月15日に発売されるのは「e-SKYACTIV D」搭載車のみとなるものの、全部で4つという幅広いパワーユニット展開を見せるCX-60。果たして、どのような高級SUVとして登場するのでしょうか。

 新型CX-60は、縦置きエンジンプラットフォームを採用したマツダの新世代ラージ商品群第一弾に位置づけられるモデルです。

 ボディサイズは全長4685mm×全幅1890mm×全高1740mm、ホイールベースは2870mm。全車が2列シート・5人乗りで、駆動方式は4WDもしくはFRが設定されます。

 前述のe-SKYACTIV Dは、最高出力254馬力・最大トルク550Nmを発揮する3.3リッター直列6気筒ディーゼルターボエンジンに、48Vマイルドハイブリッド「M Hybrid Boost」を組み合わせたパワーユニットです。トランスミッションは8速ATが組み合わされます。

 e-SKYACTIV D搭載車は全4グレードの設定で、車両価格(消費税込)は505万4500円から547万2500円です。

 ただし、前述のとおり新型CX-60はほかにも3種類のパワーユニットを設定(e-SKYACTIV D搭載車以外は2022年12月販売開始予定)。

 もっとも手頃なのは2.5リッター直列4気筒ガソリンのSKYACTIV-G 2.5搭載車で、車両価格は299万2000円から407万円に設定されます。

 マイルドハイブリッドが付かない純ディーゼル車といえる3.3リッター直列6気筒ディーゼルターボのSKYACTIV-D 3.3搭載車も設定。こちらの車両価格は329万9500円から465万8500円です。

 そして、マツダ初のプラグインハイブリッドシステムを搭載するのがe-SKYACTIV PHEV搭載車。車両価格は539万円から626万4500円です。

 ちなみに新型CX-60は6月24日より予約受注が開始されていましたが、マツダが発表した9月4日までの購入ユーザーの年齢内訳を見ると、20代以下が14%、30代は20%、40代は26%、50代が25%、60代以上が14%ということです。

 20代以下と30代が占める割合をあわせると30%を超えるレベルまで達しており、若者層にも注目されていることがうかがえます。

 発売日以降、マツダの新たな高級SUVがどれほどの人気を獲得できるのか注目です。

 それではここでクイズです。

 新型CX-60には全7色のボディカラーが設定されており、「プラチナクォーツメタリック」のような無償色もある一方、メーカーオプション扱いの有償色も存在します。

 では、新型CX-60に設定されるボディカラーのなかで、もっともオプション額が高いボディカラーは次のうちどれでしょうか。

【1】マシーングレープレミアムメタリック

【2】ロジウムホワイトプレミアムメタリック

【3】ソウルレッドクリスタルメタリック

【4】そのほかのボディカラー

※ ※ ※

 正解は【3】の「ソウルレッドクリスタルメタリック」です。

 マシーングレープレミアムメタリック・ロジウムホワイトプレミアムメタリックはオプション額5万5000円であるのに対し、ソウルレッドクリスタルメタリックは7万7000円となっています。

 ちなみに、7色のうち有償色はこの3色のみです。

※クイズの出典元:カーデイズ