中国で、日産の高級車ブランド「インフィニティ」の新型3列シートSUV「QX60」が販売開始されます。中国における現行インフィニティ車ではもっとも高額な、最上級SUVです。

2023年モデルが続々登場

 日産が海外で展開する高級車ブランド「インフィニティ」の米国部門は、SUV「QX80」「QX60」「QX55」「QX50」、セダン「Q50」の各2023年モデルの情報を発表しました。

 SUVのQX80、QX60、QX55、QX50は、数字の大きさがおおよその車格を表します。

 QX80はとくに大柄で、全長は210.2インチ(約5339mm)にまで達します。またQX80とQX60は3列シートを、QX50とQX55は2列シートを備えます。QX55は流麗なクーペSUVシルエットであることも特徴です。

 2023年モデルのQX80はAmazon Alexaに対応したビルトインディスプレイを採用するなどの改良を実施。

 QX60は2023年モデルで、バンパートリム下部のアクセントカラーを変更したほか、新たにフレームレスリアビューミラーが標準装備されています。

 2023年モデルのQX55は、インテリジェントクルーズコントロールとステアリングアシストを備えたProPILOTアシストを備えるなど安全機能が進化。後席に Type-CのUSB充電ポートや運転席の4ウェイパワーランバーサポートを備えるなど、利便性や快適性の向上もおこなわれています。

 一部グレードでキューブ型のLEDヘッドライト(オートレベライザー付)を標準装備するなど、見た目にも変化があるといいます。

 2023年モデルのQX50は、ヒーテッドドアミラーやリモートエンジンスタート、スマホの無接触充電機能などが追加されたほか、Sportグレードで外観も含め変化。新しいフロントマスクやグロスブラック・エクステリアトリムフィニッシャーなどを装備します。

 またLUXEグレードにキックセンサー付きパワーテールゲートが搭載されるなど、グレード別装備も充実しています。

 セダンのQ50は、日本で日産「スカイライン」として販売される車種のインフィニティ版となります。

 LUXEグレードでサドルブラウンのインテリア色を設定したほか、これまで「RED SPORT 400」(日本のスカイライン「400R」に相当するグレード)にオプション設定されていたラディアントグリルエンブレム(発光エンブレム)がSENSORYグレードでも選択可能になっています。

※ ※ ※

 インフィニティは各2023年モデルの詳細について、発売日が近づいたタイミングで明らかにするとしています。