東北道の岩槻IC〜佐野藤岡IC間の約41kmで、最高速度が120km/hに引き上げられます。

10月12日に速度引き上げ

 埼玉・群馬・栃木の各県警は2022年9月15日、東北道の岩槻IC(さいたま市岩槻区)〜佐野藤岡IC(栃木県佐野市・栃木市)間の約41kmで、最高速度を100km/hから120km/hに引き上げると発表しました。

 切り替えは、10月12日10時から。

 対象車種は、普通車や中型貨物車(特定除く)、大型自動二輪など、高速自動車国道における法定の最高速度が100km/hとなっている車両です。大型貨物車や特定中型貨物自動車、トレーラーなどは対象外で、80km/h規制を維持します。

 なお、高速道路の最高速度については、全国では東北道の花巻南IC〜盛岡南IC間、新東名の御殿場JCT〜浜松いなさJCT間で、すでに120km/hとなっています。