スズキ「スペーシア」の派生車主として商用モデルの新型「ベース」が発売されました。乗用車ではなく商用車のスペーシア ベースを選ぶ価値はどのようなところにあるのでしょうか。

なぜスペーシアに商用車が追加された?

 スズキ「スペーシア」の第4のバリエーションとなる「スペーシア ベース」が、2022年8月26日に発売されました。

 通常仕様のスペーシア、エアロ系の「スペーシア カスタム」、アウトドア風の「スペーシアギア」に続く派生車種ですが、新型スペーシア ベースがこれまでのシリーズと大きく異なるのが4ナンバー登録の商用車であるという点です。

 スズキのバンタイプの商用車といえば「エブリイ」がラインナップされていますが、あえてスペーシアに4ナンバーの商用車を設定した理由とそれを選ぶ価値は、どんなところにあるのでしょうか。

 そもそも商用車とは、その名の通りビジネス用途を前提とした車種であり、軽ワンボックスバンであるエブリイであれば荷室に荷物を積載して運んだり、仕事道具を満載して現場に向かったりといった使われ方が一般的です。

 その一方で、その広い荷室空間に着目し、車中泊仕様にカスタマイズしたり、趣味の相棒として活用したりと、ビジネスではなくレジャー用途で購入するユーザーも少なくありません。

 ただ基本が商用バンということや、キャブオーバータイプの車両ということもあって、乗り心地やドライビングポジションなど我慢を強いられる点もあり、クルマとしての快適性は不利となるという弱点がありました。

 そこで登場したのが、乗用車をベースに運転席以降を荷室に改めたスペーシア ベースです。

 ボディサイズが決められている軽自動車であるため、ボンネットを持つ乗用モデルをベースにすることで荷室容量はワンボックスタイプよりも狭くはなりますが、それでも大人2人が車中泊できるスペースを確保。

 標準で備わるマルチボードを活用して荷室をアレンジすれば、デスクや荷室、ペットとの旅もこなすフレキシブルなスペースとして活用できるのも見逃せないポイントといえるでしょう。

 このようにさまざまな形状にアレンジできる荷室を実現するには、ミニマムなサイズとなる4ナンバー車用の薄い後部座席が必要不可欠だったというワケです。

2人乗りでも良かったけど… 後席が用意されたわけ

 荷室をレジャーで使用するユーザーにとっては乗用モデルのような立派なリアシートは必要なく(これはビジネスユースのユーザーも同様ですが)、4ナンバー登録となることで維持費も若干ではありますが安く抑えられるという点もメリットに感じる人は多いようです。

 ではいっそのこと、「リアシートを廃した2シーター仕様にしてしまえばいいのでは?」という意見もあるかもしれません。

 実際、スズキ社内でも開発段階ではそういった案もあったようですが、結局ミニマムながらリアシートも用意されることとなりました。

 これはアレンジのなかで折りたたんだリアシートの背もたれ部分を座椅子として活用するという使い方があるのはもちろんですが、やはり“いざというとき+2名を乗せることができる”というのが大きなポイント。

 実際、同じようなコンセプトのモデルとして、ダイハツ「ハイゼットキャディー」という、軽スーパーハイトワゴンの「ウェイク」をベースとした商用モデルが存在していましたが、そちらは完全2シーターとしてしまったがためにレジャーユースで購入を検討していたユーザーが二の足を踏み、販売が伸び悩むという過去がありました。

 そういった面も考えると、乗用車的な快適な乗り心地を持ちながら普段は荷室が広く使え、いざというときは4人乗車が可能で維持費の安い4ナンバー登録というスペーシアベースは、それぞれの車種のスキマを上手く突いたモデルともいえるのではないでしょうか。