2022年9月22日、ホンダは軽自動車「N−WGN」のマイナーチェンジモデルを発表。同時に特別仕様車の「STYLE+ BITTER(スタイルプラス ビター)」を追加設定しています。どのような特徴があるのでしょうか。

新型「N-WGN」に特別仕様車「STYLE+ BITTER」が登場

 2022年9月22日、ホンダは軽自動車「N−WGN」のデザインや先進安全装備が進化したマイナーチェンジモデルを発表し、9月23日より発売します。またマイナーチェンジにあわせ、特別仕様車の「STYLE+ BITTER(スタイルプラス ビター)」を新設定しました。

「シックで上質な大人の世界観」を表現したといいますが、どのようなクルマなのでしょうか。

 N-WGNは、通勤・通学や買い物といった日々の生活シーンで快適にクルマを使うために必要な安全性能や使い勝手を追求した軽ハイトワゴン。

 先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全車標準装備としている点や広い室内空間、使い勝手のよい荷室など、ひとりひとりの暮らしになじむ機能性やデザインが特徴的です。

  今回のマイナーチェンジで、Honda SENSINGの新機能となる「急アクセル抑制機能」をHonda車として初採用。ペダルの踏み間違いや踏みすぎを検知した場合に急加速を抑制し、音とディスプレー表示で警告してくれます。

 エクステリアでは、「N-WGN Custom」がよりスポーティかつ存在感を高めたデザインに進化したほか、親しみやすいデザインが好評の「N-WGN」にも新色「フィヨルドミスト・パール」と「プレミアムサンライトホワイト・パール」を追加しています。

※ ※ ※

 N-WGNのマイナーチェンジと同時に発売された特別仕様車STYLE+ BITTERは、「N-BOX STYLE+ BLACK」「N-ONE STYLE+URBAN」に続く、「STYLE+」シリーズの第3弾となります。

 STYLE+ BITTERは、シンプルで親しみやすいN-WGNのデザインはそのままに、よりシックで落ち着いた、大人の世界観を表現。

 エクステリアはクロームメッキの加飾を施したドアハンドルやリアライセンスガーニッシュ、グレーメタリック&ブラックの専用カラーリングで仕上げたホイールキャップなど、より存在感を増したデザインに進化させました。

 チャコールを基調としたインテリアには柔らかく質感の高いレザー調のプライムスムースとトリコット生地のコンビシートを採用し、大人の感性に響く豊かな時間を演出する空間に仕上げています。

 また専用色として、英国車を感じさせるシックな緑色の「ブリティッシュグリーン・パール」とビターなチョコレートのような焦げ茶色の「プレミアムアガットブラウン・パール」が用意されます。

 新型N-WGNの特別仕様車、STYLE+ BITTERの消費税込み価格は、FFモデルが164万8900円、4WDモデルが178万2000円です。