ダイハツ「タフト」に特別仕様車が設定されました。また、標準仕様も一部改良をおこなっています。

ダークメッキのグリルがタフ!

 ダイハツの軽「タフト」に特別仕様車「ダーククロム ベンチャー」が追加され、2022年9月21日に発売されました。

 ダーククロム ベンチャーは、特別装備としてダークブラックメッキのフードガーニッシュ&バックドアガーニッシュやガンメタリックアンダーガーニッシュ(フロント/リヤ)を装着。

 ドアミラーやドアアウターハンドルはブラックマイカメタリック塗装としたほか、ガンメタリックの15インチアルミホイールを採用するなど、より一層タフさを強調した仕様としました。

 また、内装はフロントシートにシルバーステッチが施されるとともに、インテリアアクセントは、ベース車のオレンジとは異なり、ダークシルバー加飾を採用することで落ち着いた雰囲気を演出しています。

 特別仕様車の設定とともに通常仕様車にも一部商品改良が施され、新たなボディカラーとしてアースカラーの「セラミックグリーンメタリック」と力強さを感じる「クロムグレーメタリック」「レーザーブルークリスタルシャイン(メーカーオプション)」の3色をベース車も含め追加設定されます。

 ほかにも、音声認識機能やワイヤレス接続に対応した9インチスマホ連携ディスプレイオーディオを設定するなど利便性が向上。

 エンジン制御の最適化により燃費性能が向上し、全型式で「2020年度燃費基準」「2030年度燃費基準75%」を達成。環境性能割およびエコカー減税の適合範囲が拡大されました。

 価格(消費税込、以下同様)は、特別仕様車のダーククロム ベンチャーが155万6500円から180万4000円、通常仕様車が135万3000円から173万2500円です。

 なお、2021年5月に発売された特別仕様車「クロム ベンチャー」も継続販売されており、価格は155万1000円から179万8500円。

 いずれもNAエンジンとターボエンジン、2WDと4WDがラインナップされます。