ホンダが軽乗用車「N-WGN」をマイナーチェンジしました。カスタム仕様は顔つきが変わりますが、ほかにどのような特徴があるでしょうか。

「N-WGN」と「N-WGNカスタム」を比較

 ホンダは2022年9月22日、軽乗用車「N-WGN」をマイナーチェンジし、23日に発売すると発表しました。

 このうちスポーティかつ存在感を高めて登場した「カスタム」は、N-WGN(通常モデル)とどのように違うのでしょうか。

 N-WGNは、広い室内空間や使い勝手の良い荷室など、日常の暮らしになじむ機能とデザインが特徴です。

 先進安全運転支援システム「Honda SENSING」を全車に標準搭載しており、今回のマイナーチェンジでは、新機能の「急アクセル抑制機能」をホンダ車として初めて採用するなど、安全面を強化しています。

 N-WGNカスタムと通常モデルで何より違うのは、外観です。「カスタム」は、表情がより精悍に、よりスポーティに一新。水平と垂直を基調とした硬質で四角い「カタマリ感」を生かしたデザインとなっています。

 フロントは、通常モデルが丸型のLEDヘッドライトなのに対し、カスタムは角ばった形の「9灯式フルLEDヘッドライト」を採用。これにより、キリッとした硬い印象の顔だちを作っています。

 フロントグリルは、通常モデルが水平基調のシンプルなデザインなのに対し、カスタムは存在感のあるダーククロームメッキとメッシュを組み合わせたデザインに変更。

 カスタムはさらに、ドアミラー、シャークフィンアンテナ、リアゲートのガーニッシュにそれぞれブラック塗装を施して、精悍さを生むアクセントにしています。

 足回りも、通常モデルはスチールホイールですが、カスタムはブラック塗装+切削の新意匠アルミホイールを採用しています。

 ボディカラーは、カスタムも通常モデルも6色から選べますが、ラインアップは異なります。

 新色の「プレミアムサンライトホワイト・パール」に加え、「クリスタルブラック・パール」「プラチナホワイト・パール」のあわせて3色はカスタムと通常モデルで共通です。

 カスタム専用色としては、新色の「トワイライトミストブラック・パール」「メテオロイドグレー・メタリック」、そして継続して「ミッドナイトブルービーム・メタリック」が設定されています。

 通常モデル用には新色の「フィヨルドミスト・パール」のほか、「フレームレッド」「ルナシルバー・メタリック」がそれぞれ用意されています。

 内装は、しっとりとした質感と、汚れやしわに強い機能性をあわせ持つ人工素材「プライムスムース」を全席に採用。

 助手席のインパネガーニッシュ・トレーは、通常モデルがアイボリー&ベージュなのに対し、カスタムはチタン調偏光塗装&ブラックでまとめられています。

 ターボエンジンを搭載した「カスタム L・ターボ」仕様はさらに、本革巻ステアリングホイール、本革巻セレクトレバー、パドルシフトを装備しています。

 価格(消費税込)は、カスタムが164万8900円から188万2100円、通常モデルが129万8000円から170万2800円です。

 このほか「N STYLE+」ブランドから同時発売される特別仕様車「STYLE+ BITTER」は、154万9900円から168万3000円です。