スバルには専属のテストドライバーは存在せず、訓練を受けたエンジニアが自ら車両テストをおこないます。「走れる」エンジニアを育成する「スバルドライビングアカデミー」とは一体どのようなものなのでしょうか。

数値に表れない性能を評価するには「人」が必要

 現在の自動車開発は分業制になっています。「効率」という意味では大きなメリットを生んでいますが、組織が細分化されたことでクルマ全体を見ることのできる人が少なくなってしまっているのも事実です。

 もう少し具体的に説明すると、自動車メーカーのなかでの「クルマ離れ」が深刻になっており、「ブレーキ屋」「エンジン屋」「制御屋」のような各アイテムのプロは数多く存在するのですが、「クルマ屋さん」が育ちにくい環境になっているといいます。

 スバルは中期経営計画でさまざまなプランを発表しており、なかでも注力しているのは「スバルブランドを磨く」ことです。そのひとつがスバルの「安心と愉しさ」という価値を提供するための商品・技術の強化といえるでしょう。

 スバルは古くから「走りを極めれば、安全になる」と提唱しており、理想の走りの実現に向けて日夜開発に取り組んでいますが、その成果のひとつが2016年登場の5代目「インプレッサ」から投入された「スバルグローバルプラットフォーム(SGP)」です。

 その後、SGPは「フルインナーフレーム構造」へとバージョンアップし、各モデルの世代交代のタイミングに合わせて順次、展開が進められています。

 SGPはスバルの安心と愉しさを「感動レベルに引き上げる」ことを目標にしていますが、スペックや数値のような絶対値だけではダメで、「何を安心と感じるのか?」「何を愉しいと感じるのか?」という、数値に表れない性能も大事になってきます。それを具体的にするためには、やはり「人」の能力が重要になってくるのです。

 筆者(山本シンヤ)は同じ耐久消費財でありながらも、クルマと家電が決定的に異なる部分は、機械でありながらも人間味を感じるところだと思っています。

 その鉄の塊に“魂”を吹き込む役目を担うのが、車両の評価をおこなう「テストドライバー」です。

 各メーカーに「この人あり!」という名物テストドライバーがいるのですが、実はスバルには存在しません。

「長きにわたってスバル車を鍛えてきた辰己英治さんや渋谷真さんは違うの?」と思う人もいると思いますが、彼らはテストドライバーではなくエンジニアなのです。

 実はスバルの開発は「乗って(運転スキル)」「感じて(評価能力)」「考えて(理論的思考)」「物理にする(計測技術)」を分業せずに一貫してできる人材が強みです。

 これはスバルの前身となる中島飛行機時代からの伝統で、「ドライバーの評価能力以上のクルマは作れない」という考えがあるそうです。

 しかし、これまではこのような人材育成は個々の裁量でおこなわれており、「スバルとして育てる」という意味では、プログラムがシッカリ構築されていなかったのも事実でしょう。そうしたエンジニアたちの運転スキルと評価能力を高める活動が「スバルドライビングアカデミー(SDA)」です。

 2015年9月に創設されて以来、所属部署やジャンルを問わず100人以上が受講しており、講習内容はテストコースやサーキット、氷上路での走行訓練はもちろん、社外講師による“心技体”のレクチャー、クルマ全体を知るための車両整備など多岐にわたります。

SDA受講に所属部署やジャンルを問わない理由は?

 創設にかかわったひとりである執行役員CTO(最高技術責任者)の藤貫哲郎氏は、SDAについて次のように語っています。

「SDAはスキルのある人間のレベルを高めること、そして彼らが核となり教育的立場になれる存在になってもらうことが目的です。技術を次の世代にシッカリ伝承するためにも、体系立てて育成をおこなう必要があると考えました」

 所属部署やジャンルを問わない理由については、「エンジニアにとって大事なことは『お客さまの気持ちになれるのか?』です。つまり『機能として満足していればOK』ではダメで、クルマ全体のなかで『このシステムはどうあるべきなのか?』をシッカリと理解しないと意味がない。そのためには『クルマ全体を知る必要がある』というわけです」といいます。

 自動車メーカーには車両開発のためにさまざまな技術基準があり、それをクリアできれば会社として市販化は可能になりますが、藤貫氏はそこに疑問を呈しています。

「正直いうと、いまの技術基準で『足りない部分』と『過剰な部分』があります。それを見極めるためには実際の使われ方を、走らせて考えていかなければなりません」(執行役員CTO 藤貫哲郎氏)

 つまり、スバルは運転技能や評価能力のレベルアップは、すべての部署のメンバーに求められるスキルだと考えているわけです。

 この話を聞いて、筆者があるスバルの最新モデルに乗ったときに、エンジニアのひとりが教えてくれたことを思い出しました。

「絶対性能はもちろん、スバルがこだわり『動的質感』の実現のために最新の計測技術を活用しましたが、やはり計測機では測りきれない過渡領域評価は“人の力”が大きいです」

 つまり、今後もスバルがスバルであり続けるために、SDAは重要な鍵なのです。

 2022年からスバルは、カーボンニュートラル燃料の実証実験と次期モデル開発のためにスーパー耐久シリーズに参戦しています。スバルにとっては2008年のWRC撤退以来となるワークス参戦になりますが、本井雅人監督を含む主要メンバーの多くがSDA出身です。

「モータースポーツを経験すると、私自身もそうだったのですが、クルマ一台を見られるエンジニア、アジャイルに行動ができるエンジニアが育ちます。

 実は2017年にSDAメンバーで『アイドラーズ12時間耐久レース』に参戦、ステップアップも考えていましたが、さまざまな事情で先に進みませんでした。

 しかし、トヨタ(GR)さんからのお声がけをキッカケに参戦を決意しました。

 なぜ、決意できたのか? それはSDAがあったからです。

 この活動は継続的にやっていきます。なぜなら、我々は技術開発・人材育成のためにおこなっているから。

 ここで得た知見やノウハウは量産車開発に必ずフィードバックしますので、ご期待ください」(執行役員CTO 藤貫哲郎氏)

※ ※ ※

 ちなみに、スーパー耐に参戦する「BRZ CNFコンセプト」にはエアコンやアイサイトが装着されています。

 一見レースには不必要なものに思えますが、モータースポーツという過酷な実験場で得られた「気づき」は、間違いなく量産モデルに活きると筆者は信じています。

 最後に筆者からひとつ提案をさせていただきます。このSDAを一般ユーザー向けにも展開してみるのはどうでしょうか。

「作り手」と合わせて「乗り手」もスキルアップしていくことができれば、よりクルマに対する要求値も高くなり、「もっといいスバル」が生まれやすくなると思っています。