日産は2022年9月22日、「スカイライン」を一部仕様変更し10月末より発売します。

「GT-R」を想わせる新設定色でスポーツ性強調 茶内装も選択可能に

 日産は2022年9月22日、プレミアムスポーツセダン「スカイライン」の改良をおこない、価格を改定し10月末より発売すると発表しました。

 日産「スカイライン」は、1957年に初代が登場。13代目となる現行スカイラインは2013年に発表されました。現在、日産が国内で販売するセダンでは唯一の車種となります。

 発売当初は3.5リッターV型6気筒エンジンのハイブリッドモデルのみの設定でしたが、2014年に2リッター直列4気筒ターボエンジンも追加となっています。

 2019年にはデザイン変更を伴うビッグマイナーチェンジを実施。2リッターターボ車がラインナップから落ちた一方で、304馬力の3リッターV型6気筒ツインターボエンジンを新しく搭載しました。

 さらに、スカイライン史上最強となる405馬力を発生するハイパフォーマンス版3リッターV6ツインターボの「400R」を追加したほか、国産車初の高速道路で手放し運転が可能な先進運転支援技術「プロパイロット2.0」を3.5リッター V6ハイブリッド搭載モデルに設定しています

 今回の改良では、新色の「ミッドナイトパープル」を追加しました。

 ミッドナイトパープルは、R33型、R34型の歴代「スカイラインGT-R」、そして現行のR35型「GT-R」などのスーパースポーツモデルでおなじみの特別なカラーです。

 さらに、インテリアには「ブラウンインテリアパッケージ」を新たにオプション設定し、プレミアム感を向上させ、シックな雰囲気を持たせています。

 改良されたスカイラインの価格(消費税込)は、標準モデルの「GT」が456万9400円からで、ハイパフォーマンスモデル「400R」は589万9300円となっています。

※ ※ ※

 いっぽう今回の一部改良で、3.5リッター V6ハイブリッド搭載モデルが廃止されています。

 出力の異なる3リッターV6ツインターボエンジン車2タイプのみのラインナップへ整理されたことになります。

 またハイブリッド車廃止にともない、現行型スカイラインからプロパイロット2.0の設定もなくなっています。

 なお2020年9月14日の改良で「400R」に追加となった専用色「スレートグレー」は今回の改良で廃止されています。