2022年8月12日、Caselani SRLは、同社が展開するシトロエン車向けボディキットブランド「TYPE H」の新型「FOURGONNETTE」の画像を公式SNSに投稿しました。クラシックなデザインが特徴ですが、どのようなクルマなのでしょうか。

旧車顔がカワイイ! フランスの名車「2CVフルゴネット」を最新モデルで再現

 2022年8月12日、ボディキットメーカーの「Caselani SRL(以下カゼラー二)」は、同社が展開するシトロエン車向けボディキットブランド「TYPE H」の新型ボディキット装着車「FOURGONNETTE(フルゴネット)」の画像を公式SNSに投稿しました。

 カゼラーニは、イタリアに本拠を置くボディキットメーカー。同社が展開するボディキットブランドTYPE Hはフランスの自動車メーカー「シトロエン」のライセンス商品となっており、ヨーロッパ圏のシトロエンディーラーで同社のボディキットを購入することが可能です。

 カゼラーニが同社の公式SNSで公開した新型FOURGONNETTEは、3つのタイプのシトロエン「ベルランゴ」をベースに、シトロエンの名車「2CV」のフルゴネット(商用バン)仕様を思い出させるクラシックなボディキットが取り付けられたクルマです。

 シトロエンのベルランゴは、2018年2月にジュネーブ国際モーターショーで発表され、2020年には日本でも導入された両側スライドドアを持つ2列5名乗りのMPV。ボデイサイズは全長4403mm×全幅1848mm×全高1844mmで、ホイールベース2785mmです。

 また、シトロエの2CVは、いわゆる「国民車」として1948年に発売され、以降40年以上も販売されたロングセラー車種。映画やアニメなどさまざまな物語にも登場するなど、70年以上経過した現在も、世界中から愛されています。

2CVには基本となる4ドアモデルのほかにも「フルゴネット」と呼ばれるバンタイプの商用車をはじめ、ピックアップトラックなどさまざまな派生車種がありました。

 新型FOURGONNETTEはこの2CVフルゴネットと呼ばれるバンタイプの商用車を最新のベルランゴをベースにクラシカルな装いで再現させたクルマです。

 2人乗りの商用車「ベルランゴ バンクラブ」をベースにした「パネルバン」、最大6人乗りの「ベルランゴ コンビ」をベースにした「クルーキャブ」、EVの「e-ベルランゴ シャインベース」をベースとした「パッセンジャーバン」の3つのタイプが存在します。

パワートレインは、パネルバンとクルーキャブでは、最高出力130馬力を発揮するBlue HDiディーゼルエンジンもしくは最高出力110馬力を発揮するPureTechガソリンエンジンを選択可能。パッセンジャーバンでは最高出力136馬力を発生するモーターと50kwのバッテリーが組み合わされ、最大航続距離は280kmに達します

※ ※ ※

 新型「FOURGONNETTE」の価格は公開されておりませんが、公式サイトにて問い合わせを受け付けています。

 ベルランゴ自体は日本でも正規販売されているので、FOURGONNETTEを日本でも見ることができる日も来るかもしれません。