トヨタカスタマイジング&ディベロップメントは、2022年9月26日に発表された新型「ハリアーPHEV」向けに、専用エアロパーツセットなどモデリスタブランドのカスタマイズパーツを新設定しました。

通常のハリアー向けカスタマイズパーツとは細部を差別化

 トヨタのカスタマイズパーツなどを扱うトヨタカスタマイジング&ディベロップメントは2022年9月26日、高級SUV「ハリアー」に追加された新ラインナップ「ハリアーPHEV」向けに、モデリスタブランドのカスタマイズパーツを新設定しました。

 トヨタは、9月26日に実施されたハリアーの一部改良にあわせ、新たにプラグインハイブリッドシステム搭載車のニューモデル「ハリアーPHEV」を設定し、10月31日に発売します。

 ハリアーの上級グレード「Z」をベースに、大容量リチウムイオンバッテリーを搭載したプラグインハイブリッドシステムを設定したモデルです。

 フロントグリルなど専用の内外装を与えたほか、最大1500W(AC100V)の外部給電システムなどを備えています。

 この新型ハリアーPHEV追加にあわせ、モデリスタでも専用カスタマイズパーツ「GRAN BRAZE STYLE(グラン ブレイズ スタイル) for PHEV」が新設定されました。

 具体的には、フロントスポイラー(LED付)、サイドスカート、リアスタイリングキット(リアスカート+マフラーカッター)のエアロパーツセットで構成されるほか、各パーツ単品でも購入も可能です。

 GRAN BRAZE STYLEはこれまで、ハリアー(ガソリン車/ハイブリッド車)向けにも設定されていましたが、新型ハリアーPHEVの専用グリルやフロントバンパーの形状にあわせ、フロントスポイラーのデザインを最適化しています。

 またガソリン車/ハイブリッド車向けのスポイラー先端がメッキ加飾されているのに対し、新型ハリアーPHEV向けには一部をボディカラー同色とすることで、PHEVらしいスマートさと先進性をアピールする差別化を図っています。

 さらにリアのマフラーカッターを専用のマットブラック仕上げとしています。

 このほか、ガソリン車/ハイブリッド車に設定されるシグネチャーイルミグリルやバックドアスポイラー、クールシャインキット、20インチアルミホイールなどを新型ハリアーPHEVにも適用させるなど、多くのカスタマイズアイテムを用意しています。

※ ※ ※

 モデリスタ GRAN BRAZE STYLE for PHEVの消費税込み価格は、専用エアロパーツセットで28万7100円(素地色)から31万1300円(塗装済み)まで。

 販売は全国のトヨタ車両販売店を通じておこなわれます。

 なお、一部改良を実施した新型ハリアー ガソリン車/ハイブリッド車向けモデリスタブランドのカスタマイズパーツは、すべての商品が継続販売されます。