トヨタは、SUV「ハリアー」にシリーズ最上級仕様となるプラグインハイブリッドシステム搭載車(ハリアーPHEV)を新設定し、2022年10月31日に発売します。どのようなモデルなのでしょうか。

専用フロントグリルや内装加飾も装備

 トヨタは高級SUV「ハリアー」のPHEV仕様(以下、新型ハリアーPHEV)を2022年10月31日に発売します。ハリアーとして初めてのPHEVシステム搭載となりますが、どのような仕様で登場するのでしょうか。

 新型ハリアーPHEVは、「プリウスPHV」(3代目・4代目プリウスベース)、「RAV4 PHV」(5代目RAV4ベース)に続き、トヨタブランドとして3車種目のPHEV車となります。

 2020年6月に発売された4代目ハリアーをベースに、総電力量18.1kWhのプラグインハイブリッドシステムを搭載。モーターによる走行性能を高めるとともに、重心の低さがもたらす優れた操縦安定性を実現しています。

 全車、フロントとリアにそれぞれ駆動用モーターが搭載される四輪駆動となります。

 最大1500W(AC100V)の外部給電システムや後席シートヒーター、床下透過表示機能付パノラミックビューモニターを標準装備するほか、専用フロントグリルや内装のダークレッドパイピングオーナメントなどで見た目も差別化。

 ボディカラーは「グレーメタリック」(専用外板色)、「プレシャスブラックパール」、「センシュアルレッドマイカ」「プラチナホワイトパールマイカ」の4色を設定します。

 新型ハリアーPHEVの価格は620万円で、モノグレード展開となります。

 それではここでクイズです。

 新型ハリアーPHEVは、前述したRAV4 PHVと同じシステム最高出力を発揮しますが、そのスペックとは次のうちどれでしょうか。

【1】206馬力

【2】256馬力

【3】306馬力

【4】356馬力

※ ※ ※

 正解は【3】の306馬力です。

 新型ハリアーPHEVは、RAV4 PHVと同じく182馬力(134kW)のフロントモーターと54馬力(40kW)のリアモーターを搭載し、そして177馬力(130kW)を発揮する2.5リッター直列4気筒エンジンが組み合わされます。