自動車部品商社のSPKは2022年9月16日、ダイハツ「コペン20周年記念特別仕様車」向けパーツのフロントグリルとシフトゲートパネル、レザーシートクリーナーを同限定車のカタログ掲載品として発売します。どのような商品なのでしょうか。

「コペン20周年記念車」の内外装のプレミアム感をさらに高めるパーツを発売

 自動車部品商社のSPKは2022年9月16日、ダイハツの軽オープンカー「コペン」の特別仕様車「コペン20周年記念特別仕様車(COPEN 20th Anniversary Edition)」(以下、限定車)向けパーツを限定車のカタログ掲載品として発売すると発表しました。

 SPKが展開する「D-SPORT」は、ダイハツ車専用のカスタマイズパーツブランドです。ダイハツディーラーのほか、全国16の特約店で購入可能なパーツを様々な車種向けに開発してきました。

 ダイハツは2022年6月19日に軽オープンカー「コペン」の20周年を記念する1000台限定の「コペン20周年記念特別仕様車(COPEN 20th Anniversary Edition)」を発表。

 この限定車向けに今回、カタログ掲載品として用意されたものが、D-SPORTブランドの限定車用フロントグリルとシフトゲートパネル、レザーシートクリーナーです。

 フロントグリルは、標準グリルと置き換えて装着するタイプのもので、標準の格子タイプとは違い、縦桟のない横ルーバー5段のスポーティなデザインとなっています。

 シフトゲートパネルは、CVT車のシフト部に装着する樹脂製のゲートパネルで、「Copen D SPORT」のシルバーレターが入っており、シフトポジションの表記もシルバーのレターとなり、限定車の特別感をさらに向上させるものとなっています。

 レザーシートクリーナーは、SPKのグループ会社であるカービューティープロの「CAR BEAUTY PRO」ブランドと共同企画したレザーシート用クリーナー。限定車に装備されるアイボリー本革シートの汚れを除去するとともに、カビの発生を防ぐ機能も持ちあわせます。

 今回用意された3種のパーツは、限定車のカタログに掲載されています。

 価格(消費税・標準取付費込)は、フロントグリルが7万3260円、シフトゲートパネルが9878円、レザーシートクリーナーが5500円です。

※ ※ ※

 コペン20周年記念特別仕様車(COPEN 20th Anniversary Edition)は2022年6月20日に限定1000台の先行予約受注を開始し、4日後に完売しています。