雨天時にクルマで走るとき、前方の視界を確保するのに欠かせないのがワイパーです。しかし、劣化していても気にせず使い続けているドライバーが多いのが実情。どれくらいの頻度で交換するのが良いのでしょうか。

ワイパーこそ定期的な交換が必要なパーツ

 雨の日のクルマの運転で、視界を確保するためにワイパーは必需品です。

 しかし、晴れている日は使わないことから、劣化していても気にせず使い続けているドライバーが多いのも事実。

 ワイパーはどれくらいの頻度で交換すべきなのでしょうか。

 クルマに毎日乗る場合はともかく、週1、2回程度であればワイパーを使う機会も少ないため長持ちそうな気がしますが、外気に触れつつ直射日光に照らされ、雨風にさらされるワイパーのゴム部分は非常に劣化しやすいものです。

 神奈川県の現役整備士であるHさんに話を聞いてみました。

「ワイパーのゴムは日差しに照らされ、走行中はホコリや花粉などが付着しやすいんです。

 しかも水分を拭き取る役目を担っているため、ウインドウ表面に対してある程度のテンションが常にかけられていることもあり、タイヤ以上に劣化が進む消耗品です。

 同じゴム製品でも、ドアやバックドアなどで金属のパネル同士の干渉を防ぐウェザーストリップは直射日光に当たらないだけ劣化が緩やかです」

 H整備士いわく、使用状況や駐車環境の違いにもよりますが、できれば毎年、遅くとも車検のタイミングである2年程度で新調するのが好ましいのだとか。

「劣化したワイパーではウインドウ表面に付着した水分を十分に拭い切れず、視界が悪化し危険です。

 また、状況によってはウインドウ表面に傷をつけてしまう原因にもなります」

 車種ごとに微妙に違うサイズのため適合表などで愛車に装着できるかを確認する必要があるほか、さまざまなメーカーから数多く種類が販売されていることも、交換を手間に感じる要因かもしれません。

 雨天での視界をしっかり確保するためにも、1年前後で定期的にワイパーを交換したほうが良さそうです。

※ ※ ※

 ワイパー交換はアタッチメント交換に近いので、誰にでもできる作業です。慣れればほんの数分で交換が終わります。ただ、ここで注意点があるとH整備士はいいます。

「アームはワイパーをウインドウに圧着させるためにバネなどでテンションがかかっています。

 古いワイパーを取り外したときにアーム部分が直接フロントウインドウに当たると傷ついたり、最悪の場合はヒビが入ったりすることもあります。

 そのまま手で持ち上げておくか、ウェスなどを挟んでウインドウ表面を傷つけないようにしてください」(H整備士)

 ひと昔前のクルマはワイパーアーム部分にヒンジがあり、立ち上げることができましたが、最近は空力を考慮したデザインでボンネットの一部がワイパー部分と重なっているクルマもあります。

 ワイパーでウインドウを傷つけてしまっては本末転倒ですので、傷がつかないように忘れずに対処しておきたいものです。

たくさんの種類のなかからどんなワイパーを選ぶべき?

 いざワイパーを交換しようと思ったとき、次に悩むのがその種類です。

 実はワイパーも当然ながら進化しており、好みや性能、予算に応じて選べるようになっています。

 一般的なのが「スタンダードワイパー」と呼ばれる種類で、新車時に装着されることが多いものです。

 特別な機能はないのですが、ゴム部分には何もコーティングされておらず、傷みやすい反面で安価なのがメリットといえます。

 そんななか、現在人気が高いのが「グラファイトワイパー」です。グラファイトと呼ばれる炭素樹脂がゴム部分にコーティングしてあり、摩擦抵抗が少ないのが特徴。

 その抵抗の少なさで、撥水コーティング処理されたウインドウとの相性が良いといわれていますが、コーティング処理していないウインドウにも使えますし、作動中のビビリ音などもかなり低減されます。

 撥水コーティングしたときの視界の良さを体験したいけど手作業で塗り込むのが面倒という人には最適なのが「撥水ワイパー」です。

 ゴム部分に撥水コーティング剤(主にシリコン)がコーティングされ、使うたびに撥水コーティングが施されるという便利なアイテム。ワイパー作動時に新たに撥水コーティング処理しているようなものなので、定期的なコーティング処理も不要です。

 そのぶんお値段は若干高価。また、ワイパーの作動範囲しか撥水処理されないのですが、コーティング剤を塗り込む手間を考えると便利でしょう。

 これらに加えて、これからのシーズンで活躍してくれるのが「雪用ワイパー」です。「スノーブレード」などとも呼ばれています。

 スタッドレスタイヤのワイパー版のようなもので、ゴム部分が通常のワイパーより分厚く、低温でも硬くなりにくい素材を使用することで凍りつきなどを防げるように工夫されています。

 またブレード部分などの金属部分がゴムで覆われているなど、凍結防止策が施されていますし、普段使いでもまったく問題ありません。

 ワイパー交換で気になるのが、「ゴム部分のみの交換」と「ブレードとゴムのセットで交換」の違いです。

 クルマから出ているアーム部分と、水を拭き取るゴム部分を支えるブレードも合わせて交換すべきなのでしょうか。H整備士に聞いてみました。

「毎回ではないにしてもブレードも含めて交換したほうが良いと思います。

 ゴム部分だけでなく主に金属製のブレードも日光に含まれる紫外線と雨風で劣化が進みやすいパーツです。

 安価な分、使用される金属も質はそれほど高くないので錆も出やすいですし、また機能以前に、見た目が白ボケたり錆が浮くなど美しいとはいえません。

 また、錆がアーム部分にまで侵食してしまうと修理で出費がかさんでしまう可能性もあります

 もしくは、ワイパーゴムとブレードが一体成形された『エアロブレード』と呼ばれるタイプを選ぶのも手です。

 走行時に風を受けても浮き上がりが少ない形状になっており、部品点数が少ないぶん錆の心配もほとんどありません」

※ ※ ※

 リアウインドウにもワイパーが装備されているクルマは、フロントと合わせて交換しておきたいところです。

 タイヤでは4輪同時に交換するのが基本のように、ワイパーもできれば前後一緒のタイミングで交換したほうが良いでしょう。

 ゴムなどの消耗品は状況次第で劣化具合が大きく違いますが、逆にいえば、交換のタイミングが分かりにくいという欠点でもあります。

 ただし、リアワイパーをほとんど使っていないという場合は、ゴム部分が切れるなど破損している箇所がないか確認してから交換してほしいとのことです。