スズキの新型軽商用車「スペーシアベース」が車中泊ユーザーから注目されています。一体どのようなモデルなのでしょうか。

大人2人が足を伸ばして寝られるスペースを確保

 スズキの軽スーパーハイトワゴン「スペーシア」に、商用モデルの新型「スペーシアベース」が新たに設定されました。

 スズキには軽商用バンの「エブリイ」がありますが、同車が配送業や建築業といったプロユースを想定しているのに対し、新型スペーシアベースは商用車の広い荷室を活かしつつ、乗用車のように使うことを想定しているようです。

 新型スペーシアベースは「遊びに仕事に空間自由自在。新しい使い方を実現する軽商用バン」をコンセプトとし、商用車の積載性や広い荷室空間、使い勝手の良さと、乗用車のデザインや快適性、運転のしやすさを融合。

 荷室は、隙間のないフルフラットなフロアと低く抑えた荷室開口地上高により、使いやすく荷物が出し入れしやすい空間を実現。車中泊やワーケーションなど、目的に合わせて室内空間を自由にアレンジできるマルチボードを全車に標準装備しました。

 このマルチボードを使うと4つの荷室アレンジが可能となるのですが、なかでも注目されるのが車中泊での使い方です。

 昨今のアウトドアブームにともない、クルマのなかで寝泊りする車中泊をする人が増えており、車中泊をするときにクルマに求められるのがフラットな空間です。

 車中泊に最適なのは「下段モード」。2列目シートを床下に格納してマルチボードを下段にセット(固定)し、フロントシートの背もたれを倒すと大人2人が車中泊できる広い空間が広がります。このとき、エアマットなどを使うと、より快適に寝ることができるでしょう。

 また、マルチボードの下にも空間が生まれるので小物などを収納することが可能となっており、新型スペーシアベースは車中泊するにはもってこいのクルマだといえそうです。

 ちなみに、マルチボードを上段に設置するとデスクスペースとして活用できたり、中段に設置すると上下に分けて荷物を積むことが可能。マルチボードを縦に設置すると「前後分割モード」となり、荷室をふたつに分けて使うといったアレンジもでき、用途に応じてさまざまな形態に変形でき、趣味でクルマを使う人にとって便利な機能が搭載されました。

 新型スペーシアベースはSNSでも話題となっており、「スペーシアベースで車中泊がどれだけ快適にできるか試してみたい。」「スペーシアベースに変えて、釣りが快適になった!! 良く寝れるわ」といった書き込みが見受けられるなど、車中泊目的の人から注目されています。

 また、オーバーヘッドシェルフや、荷室サイドに設置されたリヤクォーターポケット、フロアコンソールトレーといった多彩な収納スペースや、防汚タイプラゲッジフロアやフロントシートは撥水加工が施されたファブリックシートなど、車中泊やアウトドアに便利な車内を実現。

 それでいて、スペーシアと同じく乗り降りしやすいシート高や広々とした足元の空間、厚みがあって乗り心地が良いフロントシートにはシートヒーターが装備され、乗用車としての快適性も備えているのもポイントでしょう。

 SNSでは、「貨物にも関わらず右側電動スライド、左側イージークローズ、追従クルコン、LEDライト、オートエアコン。素晴らしいに尽きるのだが、後席が狭すぎる……」といった投稿もありましたが、後席は簡易的なシートなので長時間の乗車に適していません。

 2人乗りの“趣味車”として乗るのが、新型スペーシアベースの正しい使い方なのかもしれません。