ショーファーニーズに応える正統派セダンとして登場が予定されるトヨタ新型「クラウンセダン」。あえてGR顔にすると、その印象はどうなるのでしょうか。

これは…アリじゃない? 新型「クラウンセダン」をGR化!

 2023年に登場が予定されているトヨタ新型「クラウンセダン」は、ショーファーニーズに応える正統派セダンです。
 
 そんな新型クラウンセダンに、もしもGRモデルが設定されたら、どのような見た目になるのか予想してみました。

  2022年7月15日に世界初公開されたトヨタクラウンは、1955年から続くクラウンシリーズのなかで16代目のモデルとなります。

 ボディタイプには、これまでクラウンの基本となっていた「セダン」に加えて、「クロスオーバー」「スポーツ」「エステート」をラインナップ。

 2022年9月1日には、第1弾として新型クラウンクロスオーバーの一部グレードが発売され、現在ではすでに納車も進んでいる状況となっています。

 そのほかのタイプについては、2023年の発売が予定されており、SNSでは「クラウンといえばセダン」「セダンが出たら購入しようかな」という声が見られ、新型クラウンセダンへの期待が高まっている様子がうかがえます。

 新型クラウンセダンについて、トヨタは「新たなフォーマル表現でショーファーニーズにも応える正統派セダン」と説明しており、これまでのクラウンのスタイルを守りつつ、現代のトレンドも取り入れたモデルとなっていることが予想されます。

 そんな新型クラウンセダンのボディサイズ(開発目標値)は、全長5030mm×全幅1890mm×全高1470mm、ホイールベース3000mmとなっており、従来型のクラウンに比べるとやや大きくなっています。

 そんな新型クラウンセダンをGR化したら、どのようなモデルになるのでしょうか。

 今回は、グリルを中心とするフロント周りや足回りに変化を加え、スポーティな印象のGR仕様の新型クラウンセダンのレンダリングをおこないました。

 トヨタのGRシリーズでは、GRバッジやキャリパーなどにレッドで差し色が加えられているのが定番です。

 今回の新型GRクラウンセダンでも、お馴染みのGRバッジをフロントに装着し、ホイールも変更したうえでキャリパーカラーは赤を想定。

 シックなシルバーであることも相まって、差し色の赤がかなり目立つデザインになっています。

 また、グリルも網目が大きく開いたデザインのものに変更し、ハイパワーな印象をプラスしました。

 サスペンションも変更されていることを想定して、少し下げ、重心の低いスタイルに仕上げています。

※ ※ ※

 本来、クロスオーバーやスポーツなどのモデルに比べ、ラグジュアリーかつシックな印象となっている新型クラウンセダン。

 GR化されることになっても、そうした良さは損なわれず、安定した走りを実現しそうな重厚感のあるルックスになることは間違いなさそうです。