トヨタの人気SUV「RAV4」に、タフなオフロード感を強調した特別仕様車が誕生しました。特徴は専用の凄味ある「ブラック」にあるといいます。

 2022年10月4日、トヨタは人気SUV「RAV4」の一部改良を実施し、これまで人気の高かった特別仕様車の仕様をさらに向上させた「Adventure“OFFROAD package II”(アドベンチャー オフロードパッケージII)」を新設定しました。
 
 ベースのアドベンチャーグレードとともに、他のRAV4シリーズとの違いについて解説します。

 現行型のRAV4(5代目)は、2019年4月に誕生しました。

 実はその前のモデル(3代目)が2016年に販売終了後、国内では3年近く消滅していました。

 ただしグローバルでは非常に人気の高いモデルに成長し、なかでも北米ではSUV販売台数No.1記録を達成しています。

 そんななかで登場した5代目は、土台となるプラットフォームからすべてを一新。

 新開発の4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」を採用し、オンロード、オフロード双方での走行性能を向上させるなど、力の入ったフルモデルチェンジとなりました。

 外観デザインはそんな二面性を反映し、アクティブな力強さと、都会にも似合う洗練さを両立させたとトヨタでは説明します。

 なかでも「RAV4 Adventure(アドベンチャー)」は、5代目が強調するオフロードイメージを象徴するグレードとして設定されました。

 押し出し感の強いフロントグリルやフロントスキッドプレート、リフトアップした地上高の高さを強調するフロントバンパーとフロントフォグランプベゼルといったアドベンチャー専用の装備をセット。

 さらに専用デザインの大径19インチアルミホイールや、大型化したホイールアーチモールで足回りの力強さを強調しました。

 ボディカラーにもアドベンチャー専用色として、新規開発した「アーバンカーキ」などを設定し、さらにこちらも新規開発色となる「アッシュグレーメタリック」をルーフ側に配した専用ツートーンカラーも用意しました。

 このようにRAV4 アドベンチャーは、他のモデルとは明確な差別化を図っているのです。

 2019年のデビュー当初は2リッター「ダイナミックフォース」ガソリン直噴エンジン+4WDのみの設定でしたが、2021年12月の一部改良で、2.5リッターハイブリッド+E-Fourを追加設定しています。

高い? 安い!? アドベンチャー特別仕様車「オフパケ II」はベース車の20万円高

 現行型RAV4を象徴するアドベンチャーは、キャラクターの強さが支持され、販売の主力グレードへ成長しました。

 好評を受け、2020年10月には早くもアドベンチャーの特別仕様車「Adventure“OFFROAD package”(アドベンチャー オフロードパッケージ)」が設定されてます。

 アドベンチャー オフロードパッケージは、最低地上高をさらに10mmアップする専用サスペンションを装着。

 オフロードに似合う18インチオールテレインタイヤとマットブラック塗装の専用アルミホイールと組み合わせました。

 またブリッジ型ルーフレールを備えたほか、レッドステッチをあしらった合成皮革シートなどの専用内装でコーディネートされているのも特徴です。

 首都圏近郊にあるトヨタ販売店の営業スタッフは「RAV4 アドベンチャーを求めるユーザーのほとんどが“オフロードパッケージ”を選択していた」と話し、非常に高い人気を集めていたことがわかります。

 そして2022年10月4日、ふたたびRAV4が一部改良を実施するとともに、人気のオフロードパッケージは新たに「Adventure“OFFROAD package II”(オフロードパッケージII)」へ進化を遂げました。

 専用のリフトアップサスペンションや18インチオールテレインタイヤ、専用内装などはそのまま継続。

 これに、フロントバンパーやドアミラー、前後のスキッドプレートセットなどに独特の質感を持つ専用のブラック、その名も「GORI GORI BLACK(ゴリゴリブラック)塗装」を施したのです。

 ゴリゴリブラックは凹凸がありつやを抑えた黒色で、塗料を積み重ねてつくり出された専用塗装だといいます。

 見た目の特徴だけではなく、コスリ傷への耐性ももたせたタフな塗料となっています。

 あわせて、ボディカラーには、ルーフ側に「アティチュードブラックマイカ」を配した専用ツートーン色も用意するなど、従来モデルよりもブラックを強調し、さらに凄味を増したタフなオフロードスタイルを生み出しました。

※ ※ ※

 ゴリゴリブラック塗装の新型RAV4 アドベンチャー オフロードパッケージ IIの価格(消費税込み)は、388万4000円から450万3000円。

 ベースのRAV4 アドベンチャーに対する価格差は20万円高。外観から受けるドレスアップ効果や差別化に魅力を覚えるなら、かなりお得な設定といえるでしょう。