2022年11月2日、ホンダのインドネシア法人は新型SUV「WR-V」を世界初公開しました。

スポーティな「RS」グレードも設定

 ホンダのインドネシア法人は、新型「WR-V」を2022年11月2日に世界初公開しました。ホンダの海外専売SUVが2代目にフルモデルチェンジしましたが、新型はどのようなコンパクトSUVとして登場したのでしょうか。

 WR-Vは、初代モデルが2016年11月8日にブラジルで世界初公開されました。3代目「フィット」(海外名:ジャズ)をベースにSUV化したモデルで、ブラジルだけでなくインドでも販売されました。

 今回、世界に先駆けてインドネシアで公開された2代目WR-Vは、同国で展開されるSUVラインナップ「CR-V」、「HR-V」(日本名:ヴェゼル)、「BR-V」(海外向け3列シートSUV)を拡充するモデルとして登場。

 ボディサイズは全長4060mm×全幅1780mm×全高1608mm、ホイールベースが2485mm。

 同社の2代目「BR-V」(ホンダの海外向け3列シートSUV)とも共通する、水平基調のキャラクターラインが特徴的です。

 LEDヘッドライトがスタイリッシュな目元を演出するほか、スポーティグレードの「RS」では専用フロントグリルが与えられ、精悍な印象に仕上がっています。

 コンパクトなボディサイズながら、広い室内空間と荷室を実現。5名乗車時の荷室容量は380リッターを確保します。

 ボディは、ボンネットやアンダーカバーなどの遮音材やエンジン周囲のカバーを工夫することにより、静粛性と振動を抑えています。

 搭載されるエンジンは最高出力121馬力・最大トルク145Nmを発揮する1.5リッターDOHC i-VTECです。

 安全装備は、最上級グレードに衝突被害軽減ブレーキや車線維持支援機能などをはじめとするホンダの安全運転支援システム「ホンダセンシング」が搭載されます。

 インドネシアでは「E」「RS」「RS ホンダセンシング」の3グレードを展開。価格は2億7190万ルピアから3億990万ルピア(約255万円から約291万円)です。