10年を超える歴史を持つ現行エルグランド。これまでどのような改良を受けてきているのでしょうか。

2012年には世界初の「踏み間違い衝突防止アシスト」を搭載

 日産の高級ミニバン「エルグランド」が一部改良を受け、2022年11月1日より発売されました。カスタムカー「AUTECH」なども含めた全車で、抗菌仕様シートが標準装備化されています。

 現行モデルは10年以上の長いモデルライフを経てきましたが、これまでどのような改良を受けてきたのでしょうか。

 3代目となる現行エルグランドは、2010年に発売されました。

 大きく変化したのが駆動方式で、初代と2代目ではFRレイアウトを採用していたものの、3代目ではFFレイアウトに変更。

 低重心な新プラットフォームの仕様により、安定感のある乗り心地と大人7人がゆったりと座れる快適性を両立させています。

 その後、世界初の「踏み間違い衝突防止アシスト(駐車枠検知機能付)」が追加(2012年一部改良)されるなど機能面でも進化したほか、さらに2014年と2020年にビッグマイナーチェンジを受け、顔つきが大きく変化しました。

 2014年の1回目のビッグマイナーチェンジでは、フロントグリルやヘッドライトのデザインが刷新され(一部グレードを除く)、大型化したフロントグリルはロアグリル部まで伸び、さらに全周をクロームメッキで囲んだことで堂々とした存在感を主張。

 2020年の2回目のビッグマイナーチェンジでは、ロアグリル部までカバーする大型フロントグリルの迫力はそのままに、グリル内部を繊細に作り込み、力強さに磨きがかかりました。「ブラッククローム」「サテンクローム」のふたつのグリル色が用意された点も特徴です。

 3代目エルグランドは、2代目の販売期間(8年間)をすでに更新している状況。さらなる改良を受けていくのか、それとも4代目へとフルモデルチェンジとなるのか、今後の動向が注目されます。

 それではここでクイズです。

 日本では3代目エルグランドが販売される一方、米国などでは姉妹車にあたる「クエスト」が存在していました。

 3代目エルグランドと姉妹車関係になったのは、クエストとして何代目のモデルでしょうか。

【1】3代目

【2】4代目

【3】5代目

【4】6代目

※ ※ ※

 正解は【2】の4代目です。

 4代目クエストは、米国市場では2011年に登場。生産工場は3代目エルグランドと同じ日産車体九州でした。

 2017年に米国向けクエストの販売が終了。フルモデルチェンジも受けず、絶版となっています。

※クイズの出典元:カーデイズ