トヨタは、2022年11月1日から4日までアメリカ・ラスベガスで開催される「SEMAショー2022」でGRシリーズ3車種のカスタム車を展示しました。スポーツモデルのGRシリーズですが、どうカスタムされたのでしょうか。

動画で事前予告していた3台の「GR」モデル それぞれのカスタム車の詳細を公表

 トヨタは、アメリカ・ラスベガスで2022年11月1日から4日まで開催される世界最大級のカスタマイズカーショー「2022 SEMA Show(以下SEMAショー2022)」に、スポーツカーシリーズである「GR」3車種のカスタム車を出展しました。
 
 展示した車両は事前に予告動画を公開していた「GRカローラ ラリー コンセプト」、「GR86 デイリー ドリフター」、2台のドラッグレース仕様「GRスープラ」です。

「GRカローラ ラリー コンセプト」は「GRヤリス」のラリーカーからインスピレーションを得てカスタムされたモデルです。

 エクステリアの特徴は大型ダクト付きの前後ワイドフェンダーと、巨大なリアウイング、カーボンコンポジットのサイドスカートとフロントスプリッターが目を引きます。事前の予告動画ではワイドフェンダーとリアウイングはダンボールで試作品を造ったと公開していました。

 リアドアのクウォーターウィンドウに取り付けられたダクトは、オイル・トランスミッションクーラーに空気を取り入れるためのもので、ラリーカーらしさのあふれる装備となっています。

 室内はセンターコンソールを可能な限り純正状態を維持することを目標にしながら、ロールケージの組み込みやシフトレバーを移動させるなど、レースで使われることを想定したカスタムがおこなわれています。

 エンジンは1.6リッター直列3気筒ターボエンジンでベースモデルと同様の最大出力300馬力・最大トルク273lb-ftを発揮します。

「GR86デイリードリフター」は、自動車愛好家で写真家のラリー・チェン氏がトヨタと共同で制作したドリフト向けのカスタム車です。

 公道を走行するための法規に適合し、エアコンなどの快適装備はそのままで普段遣いができるような仕様にしつつも、直接サーキットへ持ち込んでドリフトができることを目指したといいます。

 エンジンはHKSの「GT2 スーパーチャージャー Pro ZD8 キット」にインタークーラーとマグナフロー製エキゾーストシステムを装備し、出力を300馬力まで向上。また、ブレーキやサスペンション、コントロールアームなどの足回りも出力向上にともなうアップグレードが施されています。

 エクステリアはカーボンボンネットやHKS製フロント・リアスポイラーを装備し、アルミホイールはモテギレーシング製ホワイトホイールを装着しています。

 2台の「GRスープラ」はトヨタモータースポーツチームがドラッグレース向けに1万ドルの予算でカスタムしたクルマで「’10-Second Twins(10秒ツインズ)」という愛称が付けられています。

 純正の3リッター直列6気筒ターボエンジンに強化されたターボや高性能インタークーラー、3.5インチエキゾーストなどを追加し最大出力620馬力・最大トルク590lb-ftを発揮します。これにより、1/4マイル(約400m)を10秒台で駆け抜けることができるといいます。

 強大な加速力が必要なドラッグレースに耐えうるように専用タイヤとホイールが装備され、ブレーキも強化されています。

※ ※ ※

 ラスベガスで11月1日から4日間開催のSEMAショー2022では、トヨタは計13台のカスタム車を展示。スポーツモデル以外にもSUVやピックアップトラックといった北米で人気の車種のカスタム車を見ることができます。