上海で開催される第5回中国国際輸入博覧会(CIIE2022)において、ホンダの新コンセプトカーが公開されます。

どのような新「e:N」シリーズが登場するのか?

 中国ホンダ(本田技研工業(中国)投資有限公司)が、公式SNS(Weibo)を更新。2022年11月5日に上海で開幕する「第5回中国国際輸入博覧会(CIIE2022)」において、EVファミリー「e:N」シリーズの新コンセプトカーを初公開すると明らかにしています。

 すでに中国ホンダは、e:Nシリーズの第一弾モデルとなる小型SUVタイプのEV「e:NS1」「e:NP1」を2021年10月13日に初公開し、その後ホンダの現地合弁企業(東風ホンダと広汽ホンダ)からそれぞれ発売しています。

 あわせて、e:NS1およびe:NP1以外にe:Nシリーズのコンセプトカー3車種「e:N クーペコンセプト」「e:N SUVコンセプト」「e:N GTコンセプト」も公開し、5年以内の発売を目指して開発中であると明らかにしていました。

 果たして、CIIE2022で公開されるe:Nシリーズの新モデルが前述したコンセプトカーをさらに具現化したモデルとなるのか、それともまったくの新モデルとなるのか、注目されます。