インドネシア市場に投入されるホンダ新型「WR-V」は、どのような装備や機能を持つコンパクトSUVなのでしょうか。

ダーククロム加飾が施されたLEDヘッドライトを採用

 ホンダのインドネシア法人は、2022年11月2日に新型「WR-V」を世界初公開しました。インドネシア市場におけるホンダのSUVラインナップを拡充するモデルとなりますが、どのような仕様なのでしょうか。 

 初代WR-Vは、2016年に世界初公開され、ブラジルなどで販売されていました。

 一方、2代目となる新型WR-Vはインドネシアを皮切りに投入されます。他市場に投入されるかどうかは明言されていません。

 開発にあたっては、スタイリッシュでコンパクトなSUVを求める若者やファミリー層をターゲットに設定したといい、220mmという高い最低地上高により幅広い路面状況に対応します。

 ボディサイズは全長4060mm×全幅1780mm×全高1608mm、ホイールベースが2485mm。インドネシアでも販売されるトヨタ「ライズ」/ダイハツ「ロッキー」にも近いサイズ感です。

 外観は、ダーククロム加飾が施されたシャープなLEDヘッドライトや、リアドアハンドルの目立たないクーペ風のボディサイドが特徴。

 内装は、スポーティかつ上質なデザインにまとめられ、7インチタッチスクリーンのディスプレイオーディオやふたつのUSB充電ポートなどを備えます。

 荷室は5名乗車時で380リッターを確保するほか、4:6分割可倒式リアシートの採用によりさらに容量を拡大することも可能です。

 搭載されるエンジンは、インドネシアにおける同クラスSUVにおいてトップクラスの性能を誇る1.5リッター直列4気筒エンジンで、全車にCVTが組み合わされます。

 予防安全装備として安全運転支援システム「Honda SENSING」を採用(グレード別装備)。衝突被害軽減ブレーキだけでなく、オートハイビームやレーンキープアシストシステムといった、インドネシアにおいてクラス初搭載の装備も採用されます。

 利便性を高める装備として、ドライバーがクルマから2メートル以上離れると自動的にドアをロックするウォークアウェイオートロック機能(クラス初搭載)やリモートエンジンスタート機能なども盛り込まれます。

 新型WR-Vは「E」「RS」「RS ホンダセンシング」の3グレードを設定。価格は2億7190万ルピアから3億990万ルピア(約255万円から約291万円)です。

 インドネシアにおけるSUV市場でどれほどの人気を集めるのか、注目されます。

※ ※ ※

 WR-Vに限らず、これまで販売したホンダの車種名をみると、アルファベットのみで構成されている例も少なくありません。

 販売終了車種を振り返っても、「CR-X」や「CR-Z」などが存在します。

 それではここでクイズです。

「ステップワゴン」のシャシをベースに若者をターゲットに開発され、1996年に“クリエイティブ・ムーバー”のひとつとして発売された、アルファベット3文字の車種名を持つクルマは次のうちどれでしょうか。

【1】NSX

【2】HR-V

【3】S-MX

【4】MDX

※ ※ ※

 正解は【3】のS-MXです。

 S-MXは、運転席側が1ドア、助手席側が2ドアという変則4ドアハッチバックとして登場。

 箱型ボディによる広い車内や、完全フルフラットにできるシートアレンジなどが特徴で、“クリエイティブ・ムーバー”のシリーズ第4弾に位置づけられました。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定