カナダのScalar Performanceは、EVレーシングカー「SCR1」を2022年11月1日にSEMAショー2022で発表しました。

45分のレース走行が可能

 カナダのScalar Performanceは、米・ラスベガスで開催された世界最大級のカスタムカーショー「SEMAショー2022」において、EV(電気自動車)のレーシングカー「SCR1」を2022年11月1日に発表しました。

 SCR1はトヨタ「GR86」のボディを用いているものの、800VのEVパワートレインを搭載。最高出力は328hp・最大トルク345lb-ftを発揮します。

 最高速度は165mph(約265km/h)、0-60mph(0-96km/h)加速タイムは3.9秒。シングルモーターが搭載され、後輪を駆動します。

 搭載される駆動用バッテリーの総電力量は65kWhで、45分のレース走行が可能です。20分未満でフル充電することができるといいます。

 ボディは8点式ロールケージで補強されたほか、トルセンLSDやオーリンズ製の専用サスペンションを装備します。

 Scalar Performanceによると、全米自動車スポーツ協会(NASA)が承認した初のクラブレーシングEVになったということです。

 SCR1のファーストエディションは10台限定で生産され、2023年夏にサーキットデビューするとアナウンスされています。