ファミリー層にも根強い支持を集めるマツダのロングセラーモデル、3列シートSUV「CX-8」に、アウトドア派向け特別仕様車「Grand Journey(グランドジャーニー)」が新設定されました。

アウトドア派のファミリーにも「響く」!? たくましさを増した特別仕様車

 マツダは2022年11月2日、「CX-8」を大幅改良しました。発売は12月下旬の予定です。
 
 デザイン変更やダイナミクス性能の進化などさまざまな改良が施されるなか、アウトドアユーザー向けの特別仕様車「Grand Journey(グランドジャーニー)」の新設定も、車中泊派にとっては大きなニュースといえそうです。

 CX-8は、国内向けとしてはマツダ初となる3列シートレイアウトのSUVです。2017年のデビュー以来、度重なる改良を続けながら現在に至っています。

 ボディサイズは全長4925mm×全幅1845mm×全高1730mm、ホイールベース2930mmと堂々たるもので、室内空間もゆとりをもたせています。

 3列シートミニバンのラインナップが消滅したマツダにとって、代替ユーザーの受け皿ともなりましたが、同時に他社のミニバンと比較検討する新規顧客も増えたといいます。

 また2022年に新型「CX-60」が登場するまでは、国内のマツダSUVにおけるフラッグシップという位置づけも担ってきた高級モデルでもあります。

 11月2日に追加された特別仕様車のグランドジャーニーは、ファミリーユーザーも多いCX-8の特性を生かした専用の外観デザインを採用しました。

 マツダの公式サイトには「上質さとアウトドアに映える逞(たくま)しさ」とあります。

 これまでCX-8が強調してきた高級感やスポーティさの演出とはまた異なる、アウトドアテイストを増した仕様となっているのです。

 フロントグリルはガンメタリックに塗装。ただし黒に近いダークカラーではなく明るめのガンメタリックとすることで、精悍になりすぎず、頼もしさと柔和さを兼ね備えた表情を狙ったといいます。

 前後バンパーのセンターガーニッシュにはシルバー塗装を、またドアミラーにグロスブラックを、さらに切削加工の19インチアルミホイールにはブラックメタリック塗装を加えるなど、各所をトータルコーディネート。

 マツダは「堅牢で頼もしくも家族を包み込む柔和な表情を表現したデザイン」だと説明します。

 内装にも、明るいグレージュ色のレザレット(合成皮革)をシートのサイド部に採用。上質さとともに、手入れのしやすさや汚れの拭きやすさにも配慮し、アウトドアユーザーの用途に対応しているのも特徴です。

 さりげないブラウンのパイピングによる差し色を施す上質なオシャレさも忘れていません。

 アウトドアユーザーの心に響きそうな新型CX-8 特別仕様車 グランドジャーニーの駆動方式はAWD(4WD)のみとなります。

 消費税込み価格は2.5リッターガソリンエンジン搭載の「25S Grand Journey」が399万9600円、2.2リッターディーゼルターボ搭載の「XD Grand Journey」が438万2400円です。

シートを倒せば180cm以上の荷室で「車中泊」も可能なCX-8

 そんなアウトドアユーザーのなかでも、近年とくに注目される「車中泊」が気になっている人は少なくないでしょう。

 CX-8は、2列目席(セカンドシート)と3列目席(サードシート)を前倒しすることで、広大な荷室を確保できます。セカンドシートが一体化した7人乗り仕様なら、前後で1800mm以上のほぼフラットな床面をつくりだすことができます。

 前方に向かうにつれ床面は斜めになるため、完全にフラットな「寝床」とはいきませんが、大人2名くらいの就寝は可能なスペースとなります。

 マツダでもそんなユーザーのニーズに応え、車中泊可能な純正アクセサリー「BED CUSHION(ベッドクッション)」を用意します。難燃性素材を用いた6つ折りのマットレスで、展開すると縦186cm×横51cm。CX-8の荷室には2セットを並べることができます。

 未使用時には小さく折りたたむことが可能なほか、ひとつだけ取り外し5つ折りの状態(縦の長さは約155cm)で展開することもできるので、より短い荷室のCX-60やCX-5などで活用することも可能です。

 消費税込み価格は1セット(片側)で4万700円、2セット(両側)で8万1400円です。

※ ※ ※

 このほかにもCX-8には、純正アクセサリー「ウィンドウシェード(サイド・リア)」(4万4000円)の設定があります。フロント以外の左右と後ろの窓を覆うもので、未使用時にはコンパクトに収納可能となっています。

 前後ドアウィンドウ部は網戸付仕様になっていて、夏場などの車内換気・通風も可能な優れものです。

 ベッドクッションとともに、あわせて用意しておきたい車中泊の必須アイテムといえるでしょう。