静岡県は、2022年9月に発生した台風15号の影響により大きな被害を受けた地域のひとつです。その静岡県では冠水車の買取に関する問い合わせが増加しています。冠水車の買取について中古車販売業者はどのように対応しているのでしょうか。

水害でクルマが冠水! どう処理すればいい?

 2022年9月に発生した台風15号の影響により、静岡県は大きな被害を受け、後に激甚災害に指定されるほどの爪痕を残しました。
 
 被害は建物のみならずクルマにも及び、水に浸かってしまった冠水車が続出しました。

 JAFは9月23日から25日の間に台風15号の影響で実施した静岡県内のロードサービス救援件数が3901件に達したと報告しており、そのうち、冠水に関するロードサービス件数は2062件と、全体の50%以上を占めたことを明らかにしています。

 そうした冠水車の修理によって、静岡県内の自動車整備工場はパンク状態となっており、現在もクルマの修理ができず、冠水車を自宅に放置したままとなっている人は少なくないようです。

 そんな冠水車の取り扱いでもっとも望ましいのは、JAFや保険会社のレッカーを活用して、自動車整備工場にクルマを持ち込み、正しく点検・整備をおこなってもらうことでしょう。

 冠水車は外見上問題なさそうに見えても、エンジン内部への水の侵入や電気系統の浸水が起こっており、エンジン始動ができない可能性があります。

 電気系統のショートを起こしていれば、最悪の場合爆発や出火する恐れもあり、また残った水分や泥汚れなどにより、エンジンの始動ができても何かしらのダメージが発生している可能性が否定できません。

 こうした状況をうけて、国土交通省やJAFは、放置されてしまっている冠水車のエンジンをむやみにかけないよう呼びかけています。

 冠水車のなかには運良く廃車を免れる車両もありますが、水に濡れてはならないパーツ類は全交換、内装の水分・汚れ除去など、基本的に大幅なリフレッシュが必要となるため、修理費用はかなり高額になるのが一般的です。

 そのため、修理費用の金額によっては、クルマを手放す選択をとる人も少なくないでしょう。

 冠水車の売却は、クルマそのものの価値に加えて、冠水や浸水のレベルによって査定額が決まります。査定自体は無料でおこなえることが多いので、整備士の判断で動かしても問題ないということであれば中古車販売店やディーラーなどに持ち込む方法や、出張査定を依頼するのが良いでしょう。

 日本の中古車市場では「冠水車=安全性に欠ける」というイメージが先行していますが、海外では相場より格安な冠水車を購入するユーザーは少なくありません。

 また、解体して中古パーツとして販売されるケースや、レアメタルやアルミなどのリサイクル材として利用されることもあり、たとえ少額でも価値がつくこともあります。

静岡県では買取の問い合わせが増加! 冠水車は値がつかない?

 では、静岡県内では冠水車に関して困っているユーザーは多いのでしょうか。
 
 実際に静岡県の中古車買取業者の担当者に話を聞くと、「台風の影響で、冠水車に関する問い合わせが非常に多くなっています」といいます。

 今回の台風により静岡県内で多くのクルマが冠水してしまった結果、修理して乗り続けではなく、買取という選択肢を取ったユーザーが増加したわけです。

 では、冠水車は実際のところどれくらいの値段がつくのでしょうか。

 冠水車の買取査定額について、先出の担当者は以下のように話します。

「冠水車の買取査定額は車両(そのものの価値)やどのくらいの冠水状況なのかによって大きく異なるため、はっきりと相場をお伝えすることは難しいのが実情です。

 ただ、JAAI(日本自動車査定協会)では、商品価値加減点を公表しているため、そちらはひとつの目安にできます」

 実際のところ冠水車は、浸水の程度が買取査定額にもっとも影響を与えます。

 浸水レベルと減点の関係性は、フロアパネルまでなら減点率30%、シート上部までなら減点率40%、ダッシュパネル上部までなら減点率50%となっています。

 ただし、この基準はあくまで減点率であって減額率ではないため、最終的には各々の中古車販売業者あるいは廃車買取業者の判断に委ねられることは頭に入れておいたほうが良いでしょう。

 冠水車は個体の状態によって買取額が大きく異なるため、実際の金額を知るためには専門店による査定は必須です。

 インターネットでは現在、オンラインの買取査定をおこなっているサイトもあります。一方で冠水車の場合は、通常の車両と状態が大きく異なるうえに、所有者が把握していない部分にまで浸水が及んでいる可能性があるため、実際に店舗に持ち込んだり、プロの査定士に出張で来てもらうなど、直接状態を確認してもらうことが望ましいでしょう。

※ ※ ※

 ちなみに、フロアパネルまで浸水したクルマは急激に買取査定額が下がってしまうのが一般的です。

 クルマの状態によっては国外輸出需要や、希少車であることなどによって価値を認められ、ある程度の値段をつけてもらえることもありますが、同一車種で同一仕様の冠水車でない個体と比べ、かなり減額された値がつくことは想定しておいたほうが良さそうです。

 同様のケースでは、ひょうによりルーフやボンネットなどの受け面に細かいへこみが生じてしまった「ひょう害車」も査定額は低い場合が多く、事故車と同等かそれ以下の評価となってしまうこともあります。

 いずれにせよ冠水車の修理には高額費用が発生することが多く、サビや電気系統の劣化などが通常とくらべて早く進む場合があるので、よほど特別な思い入れがない限りは乗り換えを検討したほうがよさそうです。