2022年11月8日、フェラーリはSUVの新型「プロサングエ」を日本初公開しました。同社としては4ドア4人乗りのクルマ、そしてSUVというボディタイプの販売は初となりますが、どのようなクルマなのでしょうか。

フェラーリ初のSUV新型「プロサングエ」ついに日本にも上陸

 2022年11月8日、フェラーリはSUVの新型「プロサングエ」を日本で初披露しました。

 プロサングエは同社初となるSUVですが、どのようなクルマなのでしょうか。

 フェラーリはイタリアの高級自動車メーカー。75年の歴史の中で4ドア4人乗りのクルマを製造・販売はしたことがありません。

 今回、京都の世界遺産「仁和寺」にて日本初お披露目となった新型「プロサングエ」は、本国イタリアでは2022年9月に世界初公開されています。

 イタリア語で「サラブレッド」を意味する“プロサングエ”ですが、パフォーマンス、ドライビング・プレジャー、快適性においてフェラーリのDNAが比類ない形で調和とともに凝縮されているといいます。

 なおフェラーリでは、プロサングエを“75年の歴史で初めてとなる4ドア4シーターの新型スポーツカーモデル”と位置づけており、「現代のGTの原型(いわゆるクロスオーバーやSUV)とはまったく異なるレイアウトと革新的なプロポーションを採用したクルマ」と説明しています。つまり、“SUV”であるとは明言していないのです。

 とはいえ、新型プロサングエのボディサイズは全長4987mm×全幅2028mm×全高1589mmと堂々たるプロポーションをもち、トヨタ「ヤリスクロス」と同等の低い全高とロング&ワイドボディ形状の組み合わせによるスポーティなフォルムや、高められた最低地上高が、やはり「SUV」らしい印象を与えます。

 エクステリアはフェラーリの他のスポーツカーよりも堂々としているにもかかわらず、高さをスタイリッシュに処理することで、全体的に軽快な印象。空力を追求した美しい仕上がりとなっています。

 また、後部ドアのヒンジがリア側にある、観音開きタイプの乗員用ドアを採用しており、乗降性能を向上させています。

 インテリアはエレガントでスポーティなラウンジのようなデザイン。前席はSF90ストラダーレからインスピレーションを受けたという、運転席と助手席が対照的な形状になっているのが特徴。助手席側に配置された10.2インチのディスプレイには、助手席の人が運転に必要な情報をドライバーに提供可能です。

 パワートレインには最高出力725馬力、最大トルク716Nmを発揮する自然吸気6.5リッターV型12気筒エンジンを搭載。これに8速DCTが組み合わされ4輪に伝達されます。

 これにより、0−100km/h加速は3.3秒、0−200km/h加速は10.6秒、最高時速は310km/hに達します。

 サスペンションには、マルチマティック社のトゥルー・アクティブ・スプール・バルブ(TASV)システムによる世界初となる新フェラーリ・アクティブ・サスペンション・テクノロジーを搭載しています。

 アクティブサスペンションは、ロール剛性を連続的に変化させ、ロールセンターをアクティブに下げる(最大10mm低減)ことで、タイヤに作用するサイドフォースとオーバーステアとアンダーステアのバランスを最適化し、コーナリング性能を最大化。また、車体の動きとホイールの動きを制御し、ロールとピッチを低減するとともに、路面の凹凸を吸収する役割も持ちます。

 プロサングエのイタリアでの価格は39万ユーロ(付加価値税込み、日本円換算で約5400万円)でしたが、日本での価格は4760万円からと報じられています。

※ ※ ※

 プロサングエの日本初公開の会場となった仁和寺でのプレゼンテーションにおいてフェラーリ・ジャパン代表取締役社長「フェデリコ・パストレッリ」氏は、次のようにコメントしています。

「“妥協なく生まれた絶え間ない革新と、卓越した美しさの追求、純粋で誠実であり続けたいという願い”これはハートについて語っています。つまりフェラーリのレーシング DNA につながるものです。

 フェラーリのすべてはパフォーマンスを向上させるためにデザインされて、それと同等の努力がロードカーにも注がれているのです。

 そしてすべてのフェラーリは何よりもまずスポーツカーなのです。そして、新型プロサングエはプロダクトレンジにおけるスポーツカーの位置づけであり、さらに妥協のない快適性と多用途性を備えたゲームチェンジャーなのです」