2022年11月9日、米国レクサスはフラッグシップSUVの「LX600」(2023年モデル)を発表しました。

レクサス最高級SUVの内装を一部変更しさらにラグジュアリーに

 米国レクサスは、フラッグシップSUVの「LX600」(2023年モデル)を2022年11月9日に発表しました。
 
 LX600(2023年モデル)は2022年の年末までに発売を予定しています。

 LXはレクサスブランドのSUVのなかでもフラッグシップに位置するモデルです。

 もともとは海外専用車でしたが、3代目モデルのマイナーチェンジのタイミングで日本に導入され、4代目となる現行モデルは2022年1月に国内発売されました。

 トヨタの最高級SUV「ランドクルーザー」と共通のTNGA GA-Fプラットフォームを持ち、信頼性や耐久性、悪路走破性を高い次元で実現しながら、レクサスらしく豪華な装備と迫力のあるデザイン、そして上質な走りを実現させています。

 搭載されるエンジンは、最大出力415馬力・最大トルク479lb ftを発揮する3.5リッターV型6気筒ツインターボエンジンで、10速ATと4WDを組み合わせます。

 悪路走破性を高めるものとしては、車高を調整できるAHCサスペンションやマルチテレインモニター、ダウンヒルアシストコントロールを装備。最大安定傾斜角44度、登攀能力45度、最大渡河性能700mmは旧モデルより維持しています。

 北米でのグレード展開は、ベースモデルの「LX600」から、後席が独立し、VIPシートが装備された最上級モデルの「LX600 ウルトラ ラグジュアリー」まで5タイプとなっています。

 2023年モデルでは装備を一部変更。ステアリングヒーターが標準装備化されています。

 4人乗りの最高級グレード「LX600 ウルトラ ラグジュアリー」はインテリアトリムに「タカノハ」ウッドトリムを標準装備し、インテリアカラーにサンフレアを追加しました。

 また、スポーティグレードの「Fスポーツ ハンドリング」の外装色にノリグリーンパールを設定しています。

 LX600(2023年モデル)の価格は、8万9160ドル(約1304万円)から12万9250ドル(約1891万円)となっています。

※ ※ ※

 なお、LXの日本仕様のグレードは標準モデル、4座仕様で後席専用コンソールを装備する「EXECUTIVE(エグゼクティブ)」、前後デフロックを備え悪路走破性を高めた「OFFROAD(オフロード)」と3タイプのシンプルな展開となっています。

 標準/オフロードは2列5人乗り/3列7人乗り、エグゼクティブは2列4人乗りとなります。