BMWの日本法人は、「ミニ クロスオーバー」の限定車「アルバート ブリッジ エディション PHEV」を2022年11月10日より発売します。どのようなクルマなのでしょうか。

EV化の「架け橋」になる願いがこめられた特別なミニが登場

 BMWの日本法人は、「ミニ」ブランドのクロスオーバーである「ミニ クロスオーバー」に限定車「アルバート ブリッジ エディション PHEV」を設定しました。
 
 ミニ クロスオーバー「アルバート ブリッジ エディション PHEV」は同日より販売を開始し、12月以降の納車を予定しています。

 イギリス発祥のブランドでBMWの展開する「ミニ」ブランドのうち、4番目に登場した「ミニ クロスオーバー」は2011年にデビュー。

 ミニでは初となる4WDも設定し、車高が高められ前後のフェンダーアーチが無塗装樹脂となるなど、SUVテイストを高めたモデルです。

 2017年には2代目となり、デザインを踏襲しながらもミニ初となるPHEV車を新たに設定されています。

 今回登場した限定車「アルバート ブリッジ エディション PHEV(以下限定車)」はPHEVモデルのクーパーSE クロスオーバー ALL4をベースに特別な内外装を持つものとなっています。

 限定車の名称は、英ロンドンの名所でありテムズ川にかかるアルバート橋の名前がついています。

 BMWの日本法人によると、現行モデルから電気自動車への架け橋となるモデルとしてアルバート橋の名称を入れたといいます。

 エクステリアはMINIコンバーチブルなど他のミニシリーズで人気のある「ルーフトップグレー」のボディカラーをまとい、ブラックのルーフやドアミラー、グリルやドアハンドルを装備し、スポーティな印象となっています。

 また、ミニのPHEVモデル専用となる黄色のアクセントが特徴的なエンブレムなど、専用パーツがおごられています。

 インテリアは専用のレザーチェスターインディゴブルーシートを装備。ドアトリムやダッシュボード下部のパネルがシートと同色の深いブルーになっているほか、アンビエントライトや、限定車の専用エンブレム入りドアシル、フロアマットを装備し、プレミアム性を高めています。

 先進装備は衝突被害軽減ブレーキやアダプティブクルーズコントロール、車線逸脱警報といった安全装備のほか、Apple CarPlay対応のセンターディスプレイを装備しています。

 パワートレインはベース車と変化はなく、1.5リッター直列3気筒ガソリンターボエンジンに、7.6kWhのバッテリーと電動モーターを組み合わせます。

 ミニ クロスオーバー アルバート ブリッジ エディション PHEVの価格(消費税込)は、559万円となっています。