トヨタ「クラウン」が2022年7月15日にフルモデルチェンジ。4つのラインナップを用意するなか、懐かしいネーミングの「クラウン エステート」が復活することがファンの間で話題となっています。

懐かしい!? 「クラウン エステート」が16年ぶりに復活

 2022年7月15日、トヨタは「クラウン」をフルモデルチェンジしました。先行して「クラウン クロスオーバー」が9月に発売され、以降3つのラインナップも順次発売される予定です。
 
 なかでも、2007年の生産終了からおよそ16年ぶりに復活する懐かしいネーミングが新型「クラウン エステート」です。どのようなモデルになるのでしょうか。

 高級セダンのイメージが強かったクラウンですが、フルモデルチェンジした16代目は、4つのワイドバリエーションで構成される予定です。

 セダンとSUVのクロスオーバーモデルとして先行発売されたクラウン クロスオーバーを皮切りに、2023年以降「クラウン スポーツ」「クラウン セダン」「クラウン エステート」の3モデルを順次発売し、シリーズを完成させる計画です。

 発売前の3モデルも、トヨタの事前告知サイトでそのデザインや概要、ボディサイズなどが公開されています。

 ボディタイプごとに、各モデルのサイズを見ていきましょう。

 先行発売の新型クラウン クロスオーバーは、全長4930mm×全幅1840mm×全高1540mm、ホイールベースは2850mmです。

 公式サイトで「エモーショナルな雰囲気とスポーティな走りを兼ね備えたミドルSUV」と記される新型クラウン スポーツは、全長4710mm×全幅1880mm×全高1560mm、ホイールベースは2770mmと、車幅と全高以外は少しずつ小ぶりなサイズとなっています。

 4枚ドアでフォーマルなスタイルの新型クラウン セダンは、全長5030mm×全幅1890mm×全高1470mm、ホイールベースは3000mm。

 サイトでは「新たなフォーマル表現でショーファーニーズにも応える正統派セダン」と紹介されています。

 先代のクラウン(15代目・4ドアセダン)は全長4910mm×全幅1800mm×全高1455mm、ホイールベース2920mmなので、フルモデルチェンジを機にかなりサイズが拡大していることがわかります。

 そして、車名復活を果たした新型クラウン エステートは、SNSなどでも特に大きな反響を呼んでいるようです。

 かつてのクラウン エステートは、後部に荷室を持つステーションワゴンタイプでしたが、新型について公式サイトには「大人の雰囲気で余裕のある走りを持つ機能的なラージSUV」との記載があります。

 名称は同じでも、「ラージSUV」との記載からボディの成り立ちは大きく変わるようです。

 ボディサイズは全長4930mm×全幅1880mm×全高1620mm、ホイールベースは2850mmと、かなりの大型車であることも確認できます。

 トヨタの大型クロスカントリーSUV「ランドクルーザー300」(ランクル)は、全長4985mm×全幅1980mm×全高1925mm、ホイールベースは2850mmで、ほぼ同等のサイズなのです。

 トヨタの中嶋 裕樹 ミッドサイズ・ビークルカンパニー プレジデントは、7月15日におこなわれた報道発表会の席で、新型クラウン エステートについて次のように話しています。

「機能的なSUVとして、大人の雰囲気で、余裕のある走り、アクティブライフを楽しんで頂けるモデルです。

 後席はフルフラットデッキにもなり、まさしくワゴンとSUVのクロスオーバーとも言えるでしょう」

※ ※ ※

 2022年11月上旬現在、発売前の新型クラウン3モデルについては内装に関する情報公開がなく、その詳細は不明なまま。中嶋プレジデントが話す荷室の「フルフラットデッキ」の仕上がりも気になるところです。

 SNS上では「新型クラウン エステートは3列シートSUVか」などとまことしやかな噂が散見されますが、真偽のほどはわかりません。新たな情報公開が待ち遠しいところです。