世界的に見てもめずらしい速度無制限区間が設けられているドイツの「アウトバーン」。ドイツの自動車文化とは切っても切れない関係にある速度無制限区間ですが、現在見直しを求める声が上がっているといいます。

速度無制限が特徴の「アウトバーン」に速度制限の声

 ドイツの「アウトバーン」には、世界的に見てもめずらしい速度無制限区間が設けられています。
 
 ドイツの自動車文化とは切っても切れない関係にある「アウトバーン」の速度無制限ですが、現在見直しを求める声が上がっているといいます。

 自動車業界には「道がクルマをつくる」という有名な格言があります。

 その土地の道路状況や風土、国民性などがクルマづくりに色濃く反映されるという意味合いの言葉ですが、ドイツ車にもそれは当てはまります。

 一般的に、ドイツ車は高速走行時の安定性やハンドリングに優れるといわれていますが、そうしたドイツ車全体の特徴を形作ってきたもののひとつはアウトバーンにあります。

 アウトバーンはドイツを中心に、一部はスイスやオーストリアにもつながる高速道路です。

 その大きな特徴は速度無制限区間が存在することでありアウトバーンがそのほかの国の高速道路と決定的に異なる部分として知られています。

 実際には、アウトバーンのすべての区間が速度無制限というわけではなく、また速度無制限区間であっても130km/hでの走行が推奨されているため、200km/hを超えるような速度で走るクルマはそれほど多くはありません。

 ただ、ドイツで販売されるクルマのほとんどはアウトバーンでの超高速走行に対応できるように設計されており、それが結果として前述したようなドイツ車の特徴を決定づけています。

 日本と同様に、ドイツにとって自動車産業は国の生命線ともいえる基幹産業のひとつとなっていますが、そうなるまでの背景にアウトバーンの存在が挙げられます。

 一方、アウトバーンの速度無制限区間に対して、現在世界的に進められている脱炭素化の観点から、見直しを求める動きが出ています。

 ほとんどのクルマは100km/h以下での走行時にもっとも燃費が良くなるように設計されているため、200km/hを超えるような速度で走行することは、必要以上に燃料を消費することになります。

 また、実際には100km/h以下での走行がほとんどであったとしてもアウトバーンの速度無制限区間を走行する可能性がある以上、高速走行にも対応できるだけの強力なエンジンを搭載し、それ以外の各種部品の強度や耐久性も強化しなければなりません。

 つまり、速度無制限の「アウトバーン」が存在することにより、脱炭素化を阻害しているのではという指摘がなされているわけです。

 実際に、ドイツ自動車連盟(ADAC)が2022年5月に公表したアンケートではアウトバーンの速度制限に賛成する声が全体の52%を占め、反対派の44%を上回る結果となりました。

 脱炭素化は人類が取り組むべき重要課題である一方で、ドイツの自動車文化を象徴する存在であったアウトバーンの速度無制限区間を見直しことは、ドイツの人々にとっても決して簡単なことではありません。

 そのため当面の間は、賛成派と反対派の間で激しい議論が交わされていくものと見られています。

高速道路の制限速度、世界の主流は?

 クルマに関わる重大事故の多くは、過剰な速度に起因しているものとされており、速度を抑制することで痛ましい事故を防げる可能性が高くなります。

 その一方で、制限速度の引き上げによって移動時間が短縮することで得られる経済効果は計り知れません。

 日本をはじめとする多くの国では、脱炭素化の促進と重大事故の抑制、移動時間の短縮による経済効果などを総合的に勘案した結果、高速道路の制限速度は120km/h前後となっている例が多いようです。

 一般的に、人や荷物を最大限まで乗せた状態であったり、勾配のある道路であったりした場合に120km/h前後で安定して走行するためには、180km/h程度の最高速度を持つ用に設計される必要があると言われています。

 実際に、日本車の多くは180km/hでリミッターが作動するように設計されており、250km/hでリミッターが作動することの多いドイツ車(欧州車)よりも低い数値となっています。

 ただしボルボでは、今後世界で販売するすべてのモデルで最高速度を180km/hに制限することを明らかにしています。

 また前述のように、多くのユーザーがある程度抑えた速度域で走行していることを考えると、速度制限を設けることによるユーザーの直接的なデメリットもそれほどないようです。

 しかし、合理的な判断を得意とするといわれるドイツの人々でさえ、速度無制限区間を持つアウトバーンに対する想いは強く、速度制限を設けることで得られる脱炭素化や重大事故の抑制といった直接的なメリットをとるかどうかの判断には頭を悩ませているのが実情のようです。

※ ※ ※

 ドイツとは対照的に日本の高速道路では、近年になって制限速度を引き上げる例が少なくありません。

 長らく100km/hを制限速度としていた日本の高速道路ですが、2019年3月1日より新東名高速道路および東北自動車道の一部区間で制限速度が120km/hへと引き上げられ、その後、ほかの区間でも制限速度の引き上げがおこなわれています。

 クルマそのものの技術の向上や、道路環境の整備が進んだことがその背景として挙げられており、現在のところ制限速度を引き上げたことによって違反や事故が顕著に増えたということはないようです。

 ただ、制限速度を120km/h以上に引き上げるという具体的な話はなく、ドイツのような議論が起こることはなさそうです。