街中で警察官がスピード違反の取り締まりをおこなっている様子を見たことがある人もいるでしょう。では警察官のスピード違反の取り締まりはどのようにおこなわれているのでしょうか。

警察官はどのように「スピード違反取り締まり」をおこなってる?

 街中では、警察官が交通取り締まりをおこなっている様子を見かけることがあります。
 
 では警察官はどのようにスピード違反の取り締まりをおこなっているのでしょうか。
 
 またドライバーのなかには、「なぜ隠れた場所で取り締まりをおこなうのか」といった声が寄せられることもありますが、これにはどういった理由があるのでしょうか。

 クルマで街を走っていると、警察官が道路脇に速度計測器を設置していたり、パトカーが道路脇の空き地に待機するなどしてスピード違反の取り締まりをおこなっている光景を見かけることがあります。

 そのような取り締まりは、スピード違反のクルマを待ち受けて捕まえる様子から、一部ユーザーからは「ネズミ捕り」とも呼ばれています。

 ちなみに、警察官みずからがスピード違反の取り締まりについてネズミ捕りなどと呼ぶことはもちろんなく、「速度取り締まり」「交通取り締まり」などと呼んでいます。

 ネズミ捕りと呼ばれる速度取り締まりは、複数あるスピード違反の取り締まり方法のうち、「定置式取り締まり」と呼ばれる方法です。

 定置式の取り締まりには、レーダー式と光電式の2種類の方法があり、どちらの方法にも、違反をその目で確認する「現認係」、その先で違反車両を止めて安全な場所へ誘導する「停止係」、反則切符を作成する「取調係」と、3つの役割分担がされています。

 現認係は、一見して警察官だと分からないよう私服を着て配置している場合があるので、気付かない人もいるかもしれません。

 例えばレーダー式の場合は、道路脇にいる現認係の側に測定器を設置し、走ってくるクルマにレーダーを当てて速度を計測。

 違反に該当する速度であれば、現認係が道の先にいる停止係にクルマのナンバーや特徴などを無線で連絡し、停止させます。

 測定結果は、停止係の近くに設置された機械で印字されるので、その紙を違反者に見せながら取調係が違反の状況を説明するという流れです。

 そんな警察の取り締まりに対して、「警察が隠れて取り締まりをしている」「ドライバーから見えない位置にいる」「交通事故防止のためなら警察官が目立つ場所に立てば良い」という声を聞くことがあります。

 なかには、見えない位置でスピード違反の取り締まりをおこなっていると認識をしている人がいることがわかります。

 では、なぜこのような方法でスピード違反の取り締まりをおこなっているのでしょうか。

 そもそも交通取り締まりは、交通事故を防止することが目的としておこなわれており、これまでの統計からも、交通取り締まりを増やすことで交通事故が減少することが判明しています。

 また警察の交通取り締まりは、パトロールなどでおこなう「動的取り締まり」と、1か所の固定した場所でおこなう「静的取り締まり」の2パターンに分けられます。

 警察庁交通局が公表した資料では、この2パターンのうち静的なスピード違反取り締まりをおこなった結果、取り締まりがおこなわれている場所では、平均走行速度が時速4.8km程度減少したことが分かっています。

 さらに、制限速度を超えて走行するドライバーの比率が3%から64%程度減少するなどの効果があったことが明らかになっています。

 このように、固定した場所でスピード違反を取り締まることで、交通事故を防止につながると考えられます。

 また、警察官がドライバーから見えにくい場所で取り締まりをおこなうのには、「交通違反を繰り返す悪質なドライバーを減らすため」という理由が挙げられます。

 例えば、警察がドライバーから見えやすい場所に配置し交通取り締まりをおこなっていれば、ほとんどの人は警察官の目の前で交通違反をすることはないでしょう。

 しかしそれでは、警察がいるところでのみ交通ルールを守れば良いという考えを持った悪質なドライバーを捕まえられず、真の交通事故防止にはつながりません。

 抜き打ち的な交通取り締まりをおこなうことで交通違反を繰り返す悪質なドライバーを検挙できるといえます。

 たとえ悪質なドライバーでなくても、「こんなにスピードが出ているとは思わなかった」というように警察に捕まってはじめて交通違反を認識するケースもあり、抜き打ち的な交通取り締まりによって自身の運転方法をあらためるドライバーもいます。

 交通違反で警察に捕まると良い気分にはならないと思いますが、自分が交通事故につながるおそれのある運転をしていなかったか、一度冷静になって振り返ってみることも大切です。

※ ※ ※

 クルマの運転中は安全運転を心がけることはもちろん、警察による取り締まりがおこなわれているという緊張感を持つことで、交通違反や交通事故のリスクを下げられます。

 ただ、どうしても警察の取り締まりが気になるという人は、警視庁をはじめ多くの都道府県警察がホームページなどで交通取り締まり情報を公表しているところもあるため、運転の参考にしても良いでしょう。