トヨタの高級車ブランド「レクサス」のフラッグシップSUV「LX」。グラフィックデザイナーのJim氏は、そんな「LX」をピックアップトラック仕様に変えたレンダリングを公開しました。

あったら嬉しい? “レクサスピックアップトラック”

 トヨタの高級車ブランド「レクサス」のフラッグシップSUV「LX」。

 そんなLXを、グラフィックデザイナーのJim氏はピックアップトラック仕様に変えたレンダリングを作成・投稿しました。

 レクサスはトヨタが展開する高級車ブランドで、1989年にアメリカでデビュー、その後2005年には日本でも販売を開始しました。

 LXはそんなレクサスブランドのSUVのなかでもフラッグシップに位置するモデル。3代目マイナーチェンジモデル以前は海外専売の車種でしたが、マイナーチェンジのタイミングで日本にも導入され、4代目となる現行モデルは2022年1月に国内発売を開始していましたが、世界からオーダーが殺到し生産が追い付かなくなったため、現在は受注を停止しています。

 トヨタの最高級SUV「ランドクルーザー」と共通のTNGA GA-Fプラットフォームを持ち、信頼性や耐久性、悪路走破性を高い次元で実現しながら、レクサスらしく豪華な装備と迫力のあるデザイン、そして上質な走りを実現させています。

 ボディサイズは、全長5100mm×全幅1990mm×全高1895mmと大柄で、レクサスのラインナップのなかで最大です。

 搭載されるパワートレインは、最大出力415馬力・最大トルク479lb ftを発揮する3.5リッターV型6気筒ツインターボエンジン、これに10速ATが組み合わされ4輪を駆動します。

 今回LXをJim氏が想像を膨らませ、ピックアップトラック仕様にカスタマイズを施し、レンダリングを公開しています。

 外装はホワイト、Cピラー以降後部のボディが切り取られ、ピックアップトラック化しています。

 このクルマについてSNSでは、「これは売れる」「悪くない」「アツイ」など称賛のコメントが集まっています。

※ ※ ※

 Jim氏は、トヨタやBMWなどさまざまなメーカーのクルマをピックアップトラック化やセダン化するなど現実にはまだ存在しない、あらゆる「もしかしたら」なクルマのレンダリングを作成して、自身のSNSに投稿しています。

 Theo throttle氏の製作したレンダリングは、もちろんメーカー非公認のデザインですが、トヨタには、「ハイラックス」や「タコマ」、「タンドラ」といったさまざまなピックアップトラックがラインナップされており、かつハイラックスは現実にレクサス顔にするキットも存在していますので、タンドラなどをベースに同様のクルマを再現するカスタムパーツメーカーが出てくる可能性を否定できません。