ホンダが、新型SUV「ZR-V」を2023年4月21日に発売すると発表しました。消費税込価格はハイブリッド仕様が329万8900円から、ガソリン仕様が294万9100円から設定されます。

「X」と「Z」の2グレードを展開

 2022年11月17日、ホンダは先行受注を受け付けている新型SUV「ZR-V」を2023年4月21日に発売すると発表しました。

 新型ZR-Vは、SUVならではの実用性や最新の安全装備などが生み出す信頼感、存在感のあるデザイン、そして爽快かつ快適な走行性能を高い次元で兼ね備えることを目指して開発されました。

 外観はバーチカル(垂直)グリルと横長でシャープなヘッドライトを採用したフロントフェイスが特徴的で、フロントからリアにかけて滑らかな面で構成されたサイドデザインも目を引きます。

 ボディカラーはホンダ新色の「プレミアムクリスタルガーネット・メタリック」「ノルディックフォレスト・パール」を含む全7色設定です。

 内装は、左右に伸びやかに広がるインストルメントパネルを採用したほか、運転席と助手席の間には中空タイプのコンソール(ハイデッキセンターコンソール)を配しています。

 パッケージング面においてはヒールポイントからヒップポイントの高低差を小さくすることでクルマとの一体感が高められたほか、荷室のサイドに波形の幾何学模様を施したデジタル造形デザインを国内ホンダ車で初採用し、傷が目立ちにくいという機能性とデザイン性が両立されました。

 また新型ZR-Vの車内空間にあわせてBOSE(ボーズ)社と共同開発された12スピーカー搭載のプレミアムサウンドシステムを搭載されます(グレード別装備)。

 パワートレインは、ホンダSUVで初搭載となる2リッター直噴エンジン+2モーターのハイブリッドシステム「スポーツ e:HEV」と、1.5リッター直噴VTECターボエンジンの2種類を設定。

 スポーツ e:HEVは、従来システム(e:HEV)に対して燃費や排出ガスクリーン性能、静粛性が向上するとともに、3リッターV型6気筒エンジンに匹敵する力強い加速を実現しています。

 ドライブモードは「SPORTモード」、「NORMALモード」、「ECONモード」、「SNOWモード」の4種類を設定。国内ホンダSUVで初設定となるSNOWモードでは、アクセルペダルの踏み込みに対する駆動力を抑えることで、雪道をはじめとした滑りやすい路面においてもスムーズな発進・加速をサポートします。

 駆動方式はFFもしくは4WD(リアルタイムAWD)をハイブリッド・ガソリンの両仕様に設定。滑りやすい急な下り坂や荒れた急勾配な道でも設定した速度を自動でキープするヒルディセントコントロールも搭載されます。

 安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全車に標準装備。フロントワイドビューカメラは、約100度の有効水平画角を持つ広角カメラと高速画像処理チップにより、衝突軽減ブレーキなどにおける対象物の検知精度を高められたタイプが搭載されます。

 新型ZR-Vは、ハイブリッド仕様とガソリン仕様それぞれにエントリーグレードの「X」と上級グレードの「Z」が設定されます。

 価格(消費税込)は、ハイブリッド仕様が329万8900円から411万9500円、ガソリン仕様が294万9100円から376万8600円です。