5代目となるトヨタ新型「プリウス」が世界初公開されました。まるでスポーツクーペのようなスタイリングが話題となっていますが、後部ドアのドアノブに関する書き込みがSNSで寄せられています。

「ヒドゥンタイプ」のドアノブってどうなの?

 トヨタが2022年11月16日に新型「プリウス」を世界初公開しました。

 5代目となる新型プリウスは「Hybrid Reborn」をコンセプトに、エモーショナルなモデルへと進化。

 モノフォルムシルエットを継承しつつ、ワイド&ローなスタンスや大径タイヤ(19インチ)を採用することにより、感性に響くスタイリッシュなデザインへと刷新されます。

 シンプルでありながら抑揚のあるボディ造形は、長く愛されるための「感性に響くエモーション」と「普遍的な美しさ」を表現。

 ハンマーヘッドをモチーフとした機能性とデザイン性を高次元で両立したフロントデザインを採用するなど、2022年7月に世界初公開された新型「クラウン スポーツ」や新型「クラウン エステート」にも似たシャープなヘッドライトが特徴的です。

 さらに、リアは薄型一文字のリヤコンビネーションランプを配置し、その下には「PRIUS」のロゴが大きく入れられるなど、プリウスであることを強調するリアビューとなりました。

 サイドを見ると、第2世代TNGAプラットフォームを採用したことによる低重心化と、角度を寝かせたAピラーがスポーティさを演出しています。

 なお、新型プリウスのボディサイズは全長4600mm×全幅1780mm×全高1430mmとなっており、従来モデルよりも全長が25mm、全幅が20mmそれぞれ長くなっているのに対し、全高は40mm低く設定。

 さらに、フロントオーバーハングは25mm拡大した一方で、リアオーバーハングは50mm短くするなど、ロングノーズのスポーツクーペ風シルエットとなりました。

 このスポーツクーペ風シルエットに拍車をかけるのが、後部ドアのドアノブの位置です。トヨタのクーペSUV「C-HR」のようにCピラーに埋め込まれたドアノブ(ヒドゥンタイプ)を採用。

 ブラックアウトされたことによってドアノブの存在感がなくなり、まるで2ドアクーペのようスポーティな外観を実現しています。

 このCピラー埋め込みのドアノブについて、SNSでさまざまな投稿が寄せられており、「ドアノブ無くなっただけで一気にクーペっぽくなった」「後席のドアノブをドアパネル後方に取り付けて2ドアっぽくしているのもおしゃれ」「リアのドアノブをC-HRチックにすることでスポーティに見えてカッコいいし、ネガティブなイメージを払拭できそう!」といった肯定的な意見がありました。

 その一方で、「インテリア、エクステリア、性能全部いいのになんでリアのドアノブ上なん、、、」「個人的にドアノブがチープだなと思うんだけど」「新型プリウス後部座席の扉のドアノブが普通についているやつじゃないんだ。個人的には使いにくそうで好きじゃない」「このタイプ後方視界犠牲になるし、それなら普通のノブでよかったでしょ」といった声も聞かれるなど、賛否両論が巻き起こっているようです。

※ ※ ※

 スポーツクーペのようなスタイルに一新された新型プリウスですが、性能面もスポーツカー並みとなっています。

 なかでも、トヨタ初採用の2リッタープラグインハイブリッド車は、高効率のダイナミックフォースエンジンと高出力の駆動用リチウムイオンバッテリーの組み合わせで164kW(223馬力)ものシステム最高出力を達成。

 従来型の「プリウスPHV」同等の低燃費を維持しつつ、PHEVならではの力強い加速性能により0-100km/h加速は6.7秒をマークするなど、圧倒的な速さを実現しました。

 なお、1.8リッターハイブリッドと2リッターハイブリッド車も用意されており、2リッターハイブリッド車のシステム最高出力は144kW(193馬力)。スポーティに生まれ変わったプリウスにふさわしい動力性能を確保しています。