ホンダから2023年4月、新型SUV「ZR-V」が発売されますが、価格やスペックなどの概要が早くも発表されています。実用性の高さも売りだといい、アウトドアでの車中泊もできるかもしれません。

新型「ZR-V」の荷室は大人も「就寝」可能な空間を確保

 ホンダは2022年11月17日、新型「ZR-V」を、来春2023年4月21日に発売すると明らかにしました。
 
 荷室や室内空間を十分に確保し実用性の高さを誇るSUVモデルですが、近年注目が高まる車中泊は可能でしょうか。

 新型ZR-Vは、コンパクトSUV「ヴェゼル」と、上級SUV「CR-V」の中間を埋めるニューモデルとして登場しました。

 ホンダによると、SUVのコア価値「実用性」と、最新の安全装備と衝突安全性能が生み出す「信頼感」に加え、存在感のある「デザイン」、そして爽快かつ快適な「走り」を高い次元で兼ね備えることを目指して開発されたといいます。

 ボディサイズは全長4570mm×全幅1840mm×全高1620mm、ホイールベースは2655mmです。

 搭載されるパワートレインは2種類。ホンダが「スポーツe:HEV」と呼ぶ新世代2モーターハイブリッドシステム(2リッターエンジン)車と、2.4リッター車並みの性能を誇る1.5リッター直噴ガソリンVTECターボエンジン車です。

 駆動方式は共に、2WD(FF)に加え4WDも選択可能となっています。

 すべての基本となる「実用性」ですが、室内の多様な収納能力に加え、荷室の使い勝手も良好です。荷室はフラットで、かつ左右対称にレイアウトされ、美しさと使いやすさを両立させています。

 後席を使用した定員乗車時でも、9.5型ゴルフバッグが3個収納できる容量を確保し、さらに床下には荷室の上面を隠す「パーセルカバー」(トノカバー)や、小物類の収納ができるアンダーボックスも設けてあります。

 アンダーボックス含め、荷室容量は395リットルです(数値は2WDのe:HEV車/ホンダ測定値、以下同)。

 荷室長は、定員乗車時で890mm。後席シートを前倒しすれば最大1590mmまで床面の長さは拡大します。実車で確認してみると、さらに前席シート後ろにも余裕があります。

 荷室高は745mmでやや低め。荷室の幅はホイールハウスのある部分で最小1030mm、最大で1415mmもあります。

 新型ZR-Vの荷室空間を丸ごと「車中泊」スペースと考えた場合、前席シートも最大まで前にスライドさせるなどすれば、身長180cmくらいまでの大人なら1名は就寝も可能そうです。

 ただし実際に就寝するとなれば、基本的にフラットとはいえ、シート部の段差などもあり、そのまま寝るのは厳しいかもしれません。

 荷室長を稼ぐ意味でも、後席と前席の間の床部分を荷物などで埋め、キャンプ用のエアマットなどを敷くなどの工夫は必要でしょう。

※ ※ ※

 新型ZR-Vの消費税込み価格は、1.5リッター直噴ガソリンVTECターボ車が294万9100円から376万8600円まで。スポーツe:HEV車が329万8900円から411万9500円までとなっています。

 ボディカラーは、新色「プレミアムクリスタルガーネット・メタリック」「ノルディックフォレスト・パール」をはじめとする全7色が用意されます。