トヨタカスタマイジング&ディベロップメント(TCD)は、レクサスの新型「RX」発売に合わせてカスタムパーツを発売しました。

迫力の“スピンドルボディ”を持つレクサス「RX」を華麗にカスタム

 トヨタ車のカスタムパーツ「TRD」などを手掛けるトヨタカスタマイジング&ディベロップメント(TCD)は、レクサスの新型SUV「RX」のモデルチェンジにあわせ、カスタムパーツの「F SPORT PARTS」を発売しました。
 
 F SPORT PARTSは2022年11月18日より発売されます。

 F SPORT PARTSは、歴代モデルを踏襲し「Aerodynamics」×「Total Balance」をコンセプトに開発されました。

 空力性能を突き詰め、爽快な走りと安心感・安定感を両立する「F SPORT PARTS エアロダイナミクスパッケージ」は「フロントスポイラー」「サイドスカート」「スポーツマフラー&リアディフューザー」「エアロダイナミクスミラーカバー」「リアウィング」の5点のセットとなっています。

 フロントスポイラーとサイドスカートはエッジの効いたアグレッシブなデザインとなり、ボディ色が下部に拡大されることでワイド&ローなスタイリングと、ボディ下面の空気を効率的に排出する効果を併せ持っています。

 スポーツマフラーは真円の4本出しマフラーにより、スポーティさを引き立たせ、リアディフューザーにはマフラーをより目立たせるレーシーな雰囲気を持つものとなっています。

 ボディサイドを引き締めるエアロダイナミクスミラーカバーとリアウィングは、空力性能を重視し、リアの安定性を高めます。

 これらのエアロパーツには「ブラックエディション」も設定され、黒で統一することにより精悍なイメージをもたせます。

 新型RX用に専用開発をおこなった21インチアルミホイールは、立体的でモダンなデザインとなっているほか、軽量・高剛性化による高いハンドリング性能も実現しています。

 また、「パフォーマンスダンパー EX Plus」はボディフロアの補強パーツであるメンバーブレースと、ヤマハの技術「パフォーマンスダンパー」を組み合わせたパーツで、走行中の微振動や騒音を解消し、快適性とコーナリング時の操縦安定性を高めるアイテムです。

 F SPORT PARTSの価格(消費税込)は、エアロダイナミクスパッケージが71万7200円、パフォーマンスダンパー EX Plusが19万8000円、21インチ鍛造アルミホイールは77万円(4本)となっています。