世界的なオークションの「バレットジャクソン」に日産「フェアレディZ(DATSUN 240Z)」が出品され、8万8000ドル(約1230万円)で落札されました。どのようなクルマなのでしょうか。

V8エンジン搭載のフェアレディZ

 アメリカでおこなわれる世界的なオークションの「バレットジャクソン」では、カスタムカーやクラシックカー、特殊車両などさまざまなコレクターズカーが出品されています。

 2022年10月にヒューストンで開催されたオークションでは、日産「フェアレディZ(DATSUN 240Z)」が出品され、8万8000ドル(約1230万円)で落札されました。

 フェアレディZは、日産のスポーツカーで、現行型は2021年8月に世界初公開され14年ぶりのモデルチェンジを実施したばかりの7代目モデル。

 今回オークションにかけられたフェアレディZは、その初代S30型で、240Zと呼ばれるSOHC 2.4リッター直列6気筒エンジン(L24型)を搭載したモデルです。

 240Zは1971年には日本でも上級モデル「フェアレディ240Z」として販売されていました。

 今回出品されたフェアレディZは、1972年式の個体ですが、エンジンなどを比較的新しいクルマのものに積み替えた“レストモッド”モデルです。

 エンジンには、シボレー「コルベット」に搭載される最高出力400馬力を超える5.7リッターGM製V型8気筒LSエンジンを搭載。これにTREMEC社製の油圧クラッチ付き6速マニュアルトランスミッションが組み合わされます。

 足回りも、MSA製キャンバープレートや車高調、アイバッハ製スプリングなどで構成され一新されています。

 ブレーキシステムは、Modern Motorsports Extreme社製13インチPBR4輪ディスクブレーキとWilwoodマスターシリンダーとなっており、こちらも新しいものに変わっています。

 エクステリアは、GMのクリスタルホワイトとサテンブラックで塗り直され、前後バンパーはカーボン製のものに換装されているほか、ヘッドライトなどさまざまなパーツがカスタムされています。

 足元のPanasport Racing製16インチホイールは、カーボンファイバー調に塗装され、ピレリ製タイヤが組み合わされています。

 今回出品されたフェアレディZは、8万8000ドル(約1230万円)で落札されました。