レクサスは、2022年11月18日に高級SUVの新型「RX」を発売しました。ユーザーからどういった反響があったのでしょうか。

新顔「スピンドルボディ」にユーザーの反応は?

 レクサスは、グローバルコアモデルとなる新型「RX」を2022年11月18日に発売しました。

 ユーザーからはすでにさまざまな意見が見られますが、どういった反響があったのでしょうか。

 RXは、1998年に北米にてラグジュアリークロスオーバーSUVのパイオニアとして誕生。

 1998年の販売当時から2022年9月末時点までの期間で、約95の国と地域で累計約362万台を販売したといい、ラグジュアリーSUV市場を代表するモデルといえます。

 7年ぶりの全面刷新で5代目となった新型RXはどのような進化を遂げているのでしょうか。

 従来のモデルと異なる点として、大きく目をひくのは、エクステリアです。

 これまでレクサスのアイデンティティとして知られた「スピンドルグリル」から、ボディとグリルの境界を融合させた「スピンドルボディ」という塊造形とグリルの冷却機能を両立。

 ボディとフロントグリルが一体となったデザインへと大きく変化しています。

 インテリアでは、より運転操作に集中できるコックピット思想「Tazuna Concept」を採用し、走りの楽しさを最大化させる運転席と、開放的で快適な室内空間を実現。

 パワートレインには、2.4リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載した「RX350(EE/AWD)」のほか、2.5リッター直列4気筒プラグインハイブリッドシステムを備えた「RX450h+(E-Four)」がラインナップ。

さらに、2.4リッター直列4気筒ターボハイブリッドシステムとモーターのフロントユニット、リア搭載の高出力モーター「eAxle」を組み合わせた「RX500h F SPORT Performance(AWD)」が新設定されるなど、3仕様が展開されています。

 RX500h F SPORT Performanceには、新たな電動化技術「DIRECT4」が採用され、レスポンスの良い伸びやかな加速を実現しました。

 日本で発売された新型RXの価格は、「RX350 “version L”(FF)」の664万円から「RX350 “F SPORT”(AWD)」の706万円、「RX450h+ “version L”(AWD)」が871万円、「RX500h “F SPORT Performance”(AWD)」が900万円です。

そんな新型RXについて、発表直後からすでに多くのユーザーからさまざまな意見が飛び出しています。

 とくにフロントのスピンドルボディについて、「シュッとしててかっこいい」「グリルじゃないんだ」「迫力がスゴイ!」など好感を覚える声が多く見られます。

 一方で「なんかモザイクみたいなグリル」「現行モデルの方が良いな」という声も。

 このほか新しく生まれ変わった新型RXについて、「やっぱりラグジュアリーだなあ」「満足度高そう」と、レクサスが生み出す上質さについての意見もありました。

 新型RXについて、すでに実車が公開されている店舗もあり、「やっぱかっこいい」「実車とても素敵」など熱視線を送るユーザーの反応も見受けられました。

※ ※ ※

 現在、レクサスの公式サイトでは、新型RXの抽選を受け付けており、公式サイトでは、「お申込みは販売店へのご来店が必要です」との記載が。

 抽選販売枠は500台、抽選受付締切は2022年12月22日の営業終了時間までとなっているようで、注意書きには「販売店でのお申込みをもって完了となりますのでご注意ください」とも書かれています。

 すでにSNSでは「抽選か…当たるとは限らないなあ」「ほしいけど抽選応募か見送ろうかな」との声も。

 販売枠が限られていることから、新型RXを手にできる人は限られるといえそうです。