日本にステーションワゴンという文化を根付かせたスバル「レガシィツーリングワゴン」。それまでもステーションワゴンは存在しましたが、レガシィがワゴンブームの切っ掛けになりました。

大ヒットモデルとなった「レガシィツーリングワゴン」

 今日では定番のボディスタイルとなったステーションワゴン(以下、ワゴン)。1960年代には日本でも登場しているのですが、なかなか定着せず一部の愛好家のためのクルマでしかありませんでした。

 それというのもワゴンは長らく商用車登録のライトバンとボディを共有するモデルがほとんどだったため、「マイカー感がない」「仕事気分が抜けない」と評判があまり良くなかったからです。

 そんななか、1989年にライトバンをラインナップしない、ワゴン専用ボディを採用したスバル「レガシィツーリングワゴン」が登場しました。

 折からのバブル景気とRVブームの後押しもあり同車は大ヒットを記録。その結果、数多くのライバル車を生み出し、日本にワゴンブームを巻き起こしたのです。

 そんな歴史的なモデルでもあるレガシィツーリングワゴンとは、いったいどんなクルマだったのでしょうか。

 それまでの「レオーネ」に代わり新たなスバルの主力となるべく1989年に登場したアッパーミドルが初代レガシィです。セダンだけでなくワゴンも用意するのはレオーネ同様ですが、歴代レオーネにあった商用バンをラインナップせず、名称も「ツーリングワゴン」とすることでパーソナルなクルマであることを印象付けています。

 5ナンバーサイズのボディはスクエアでけれんみのないスタイリング。前後のブリスターフェンダーがスポーティさをアピールし、ワゴンにはレオーネ譲りの2段ルーフが採用されました。

 スバルが得意とする水平対向エンジンや4WDを採用するのも特徴のひとつ。新開発されたエンジンはすべて4気筒で、1.8リッターと2リッターの自然吸気および2リッターのターボをラインナップします。海外では2.2リッター自然吸気も設定され、後に日本へも導入されました。

 当初ターボはセダンの5速MT(220馬力)しか選択できませんでしたが、ATとのマッチングを重視したディチューン仕様がおよそ半年遅れで追加され、ワゴンでも選択できるように。このハイパワー4WDワゴン「GT」の登場を契機に「レガシィ」はヒットを記録し、セダンよりワゴンの販売台数が多いという異例の人気モデルへと成長したのでした。

 継承と熟成をテーマに開発された2代目レガシィが登場したのは1993年のこと。バブル期に設計された当時のライバルたちが軒並み排気量とボディを拡大しているように、レガシィもリアシートの居住性向上を狙い全長を60mm、ホイールベースを50mm延長しています。

 それでも5ナンバーサイズに収まっていることと、中心となるエンジンの排気量を1.8リッターから2リッターに据え置いたことが「扱いやすい」と好評。結果的に初代を大きく超えるヒットに至りました。

 とくに注目されたのが、シーケンシャルツインターボに進化した2リッターのターボモデルです。

 後期型の「GT-B」グレードは、2リッターの量産車としては世界で初めて280馬力を達成。このモデルの成功はライバルを大いに刺激し、ハイパワー4WDワゴンが各社から発売され一大ムーブメントが巻き起こりました。

 忘れてはならないのが、セダン、ワゴンに続く「レガシィ」のもうひとつの柱となった「グランドワゴン」の登場です。

 グランドワゴンはワゴンボディをベースに最低地上高を拡大してオフロード車のテイストを与えたクロスオーバーSUVの先駆け的な存在。

 後に「ランカスター」、「アウトバック」へと名称変更され、その後継が現在日本で販売されている唯一のレガシィとなっています。

最後のツーリングワゴンが大型化した理由とは?

 3代目のレガシィツーリングワゴンはセダン(レガシィ B4)より半年ほど早い1998年6月に登場しました。

 2代目同様5ナンバーサイズを維持しましたが、それまで一部のグレードに設定のあった2WD(FF)モデルを廃止し、4WD専用のモデルとなっています。

 また、1.8リッターエンジンもラインナップから外れ、2リッターおよび2.5リッターの自然吸気と、280馬力を誇る2リッターターボの3本立てでスタート。2002年にはレガシィ初の水平対向6気筒となる3リッター自然吸気エンジンが追加されました。

 前後ストラット式だったサスペンションはリアがマルチリンク式に改められ、操縦安定性とスペース効率を向上。

 安全性を高めたり、HIDヘッドライトやマッキントッシュ製オーディオを設定するなど、全体としてプレミアム感を増しているのが特徴です。

 年々高まる安全性への要求に応えるため、2003年のフルモデルチェンジでは、初代から守ってきた5ナンバーサイズに決別。4代目モデルは全幅1730mm(3代目より35mm拡大)という、堂々の3ナンバーで登場しました。

 徹底した軽量化により運動性能を向上させたり、ステアリングの切れ角を拡大することで最小回転半径を3代目より小さく、取り回しやすくするなど、ボディサイズ拡大のデメリットを感じさせないのが特徴です。

 エンジンラインナップは3代目と変わらず、自然吸気は水平対向4気筒の2リッターと2.5リッター、6気筒の3リッター。2リッターターボはツインターボから低回転域でのレスポンスとパワーに優れるシングルのツインスクロールターボへと改められました。

 内外装の質感の向上や一部の上級グレードでのATの5段化、運転支援システム「EyeSight(アイサイト)」やその前身となる機能を与えたグレードがワゴンにも設定されるなど、これまでのレガシィよりひとクラス上のクルマといった印象です。

 2009年に登場した5代目モデルは、北米市場をにらみボディを大幅に拡大。全幅は1780mmに達し、全長も4775mmと、共に5ナンバーの規格サイズを超えています。

 エンジンは2リッターを廃止し、2.5リッターの自然吸気ならびにターボのみをラインナップ。完全な3ナンバー車へ移行したことに対し否定的な意見も多々ありましたが、居住空間や荷室容量にゆとりがあり、アウトドアブームの昨今あらためて評価されています。

 メカニズムではCVT「リニアトロニック」の初採用と第2世代のアイサイト(2010年5月以降)の設定がトピック。後期型ではターボモデルのみ2リッター仕様が復活しましたが、これは「EJ型」ではなく初代「BRZ」にも搭載された「FA型」を進化させた直噴ツインスクロールターボで、最高出力は300馬力に達します。

※ ※ ※

 レガシィは現在7代目が北米で販売されていますが、日本ではもはやセダンもワゴンも存在せず、クロスオーバーSUVの「レガシィ アウトバック」のみのラインナップとなっています。

 最近は、人を乗せるならミニバン、荷物を載せるならSUVと世の趣味嗜好が移り変わっていったこともあり、ワゴンブームを生み出したレガシィでさえも6代目からはワゴンの設定がなく、ワゴンは「レヴォーグ」へと受け継がれました。

 とはいえ、レガシィツーリングワゴンが残した功績は決して色あせることはありません。今見ても魅力的なモデルばかりということもあり、今後また人気が再燃し中古車相場が高騰する可能性は意外と高いのではないでしょうか。