インドネシアで販売されるトヨタ新型ミニバン「イノーバ ゼニックス」のハイブリッド仕様に設定されるモデリスタ仕様を見ていきます。

モデリスタロゴ入りのパーツが存在感を主張

 トヨタのインドネシア法人は、2022年11月21日に新型「イノーバ ゼニックス」を発売しました。SUV風なデザインも取り入れられた新型MPV(日本でいうミニバン)として投入されますが、ハイブリッド仕様には「モデリスタ」仕様も設定。

 エアロパーツの追加により、独自の存在感を放っています。

 新型イノーバ ゼニックスには、2リッターエンジンを搭載するガソリン車と、2リッターエンジン+モーターが組み合わされるハイブリッド車が設定されますが、モデリスタ仕様が設定されるのはハイブリッド車です。

 モデリスタパーツが装着された新型イノーバ ゼニックスのフロントフェイスを見ると、精悍な表情を演出するグリルオーナメントやフロントバンパースポイラーが目を引きます。

 ボディサイドには、ボディモールとサイドスカートのセットが装着されるほか、ボディ後方にはリアバンパースポイラーも装備。

 これらのパーツは随所にモデリスタロゴが配されており、標準車に対し差別化されています。

 ちなみに、各パーツはディーラーオプションでも展開されており、ガソリン仕様の新型イノーバ ゼニックスでも再現が可能です。

※ ※ ※

 新型イノーバ ゼニックスは、東南アジアで多く展開されるMPVと同じく後席ドアにヒンジドアを採用。これにより、箱型ミニバンとは一線を画したSUV風のスタイルになっており、エアロパーツを装着した際も映えるデザインといえるのかもしれません。