最近では、クルマで寝泊まりが可能な車中泊が人気を集めていますが、ユーザーのなかには自分好みにカスタムをして車中泊を楽しむユーザーもいるようです。今回は新型アトレーで車中泊を楽しむ松ちゃんさんに話をうかがいました。

新型「アトレー」を自分好みにカスタム!

 昨今では、クルマで寝泊まりをする車中泊がブームとなっています。

 今回は、新型「アトレー」を車中泊仕様に改造して、車中泊を楽しんでいる松ちゃん小学生金管バンド指導(@mtd_ojivanlife)さんに話をうかがいました。

 最近では、コロナ禍の影響もあり、密が避けられるアウトドアが人気を集めており、またクルマの中で寝泊まりできる車中泊は、気軽におこなえることから利用者が増えています。

 こうした昨今のアウトドア・車中泊ブームの影響から、各メーカーからさまざまな車中泊に適したモデルが登場。

 なかでも2021年12月20日に発売されたダイハツ新型「アトレー」は、レジャー需要に対応したモデルに進化したことから、多くの人気を集めています。

 新型アトレーのボディサイズは全長3395mm全幅1475mm×全高1890mmで、荷室は、荷室長1820mm×荷室幅1265mm×荷室高1215mm(2名乗車時)。

 今回の刷新で、商用車ならではの広い荷室空間と350kgの最大積載量を活用するため、従来軽乗用車として設定していた「アトレーワゴン」を4ナンバー化したことで、広い荷室空間が実現しました。

 またリヤシート背面やラゲージルームの床面には防水素材の「イージーケアマット」が備わったことで、アウトドアレジャーのほか園芸用品などを載せるときにも濡れや汚れを気にせずに利用することが可能。

 このほか、リヤシートを足元スペースに収めて荷室を拡大できる「水平格納式リヤシート」を採用するほか、ショッピングフック、大型LED荷室灯、USBソケットなど使い勝手の良い便利な収納が備わります。

 このように、アウトドアや車中泊などのレジャー仕様に便利な新型アトレーですが、さらに、自分好みの車中泊仕様に改造しているユーザーも存在します。

 そのひとりである松ちゃんさんは、リアデッキを車中泊仕様に改造したといいます。

 まず、桐の板で収納ができるように工夫を施したボックスを2つ作製。これをリアデッキに載せ、ボックスに天板を取り付け、下段には床板を設置し、段差のある2段ベッドを製作。

 さらにサブバッテリーを配線し、100Vの家電が使用できるように改造しました。

 この様子は動画でも紹介しており、製作された2段ベッドは、大人2人でもゆったりと寝られる空間に仕上がっています。

 また座布団やクッションを置くことで、リビングのようにくつろげる空間としても利用可能に。

 自身がカスタムした新型アトレーの車中泊仕様について、松ちゃんさんは以下のように話します。

「もともと『ハイゼットカーゴクルーズ』車中泊仕様に乗っていたのですが、自分で改造できる軽バンが欲しくて新型アトレーを購入しました。

 アトレーのリアデッキに夫婦2人がゆったり寝られるように段差ベッドを製作したのですが、天井が広く圧迫感がなくて良いなと感じます。

 またアトレーに備わるリアドアガラスは、上下開閉ができないものの、エンジン停止中でも換気ができて便利です」

※ ※ ※

 松ちゃんさんは普段から長期ドライブのほか車中泊を楽しんでおり、自身の投稿する動画ではその様子を見ることができます。

 新型アトレーは、アウトドア用途に考慮された機能が備わっていることから、多くのユーザーから支持を得ていますが、さらに自身のこだわりのカスタムをすることで、より快適に車中泊を楽しんでいるといえるでしょう。