日産は米国で新型「アルマダ」2023年モデルを発表しました。トヨタ「ランドクルーザー」に相当する全長5m超えのフルサイズSUVです。新型では新たにハンズフリーテクノロジーとしてアマゾン アレクサを搭載しました。

日産が誇る全長5.3m級のフルサイズSUVが2023年モデルを発表

 日産の米国法人は2022年11月19日、新型「アルマダ」(2023年モデル)を発表しました。

 全長約5306mm×全幅約2029mm×全高約1925mm、ホイールベース約3076mmという大型ボディを持つ3列シートのフルサイズSUVです。

 アルマダは、2003年に初代モデルがデビュー。現在販売されているのは2016年登場の2代目で、中東などでは「パトロール」の名前で売られています。

 2020年発表の2021年モデルで大幅改良をおこない、モダンな内外装デザインへと一新されました。

 フロントには50個のLEDを配したヘッドライトを備えたほか、大型のフロントグリル、22インチのホイールなどで迫力満点の外観を構成します。

 広大な室内に配されるシートは3列レイアウトで、乗車定員は7人もしくは8人乗り。仕立ても豪華な造りとなっています。

 搭載されるのは、5.6リッターV型8気筒DOHCガソリンエンジン。最高出力400hp、最大トルク413lb-ftを発揮し、7速ATと組み合わされ、最大8500ポンドのけん引能力を誇ります。

 室内では12.3インチタッチスクリーンインフォテインメントシステムや、ワイヤレスApple CarPlay、ワイヤレス充電などを搭載されます。

 新型アルマダ2023年モデルでは、新たにアマゾン アレクサが搭載され、音声コマンドにより音楽の再生や電話の発信、さらにスマートホームデバイスの制御などをシームレスにおこなうことが可能となりました。

 新型アルマダ 2023年モデルの米国価格は、5万400ドル(約699万円)から6万1370ドル(約967万円)までです。

※ ※ ※

 アルマダの中東仕様であるパトロールは、従来型までは「サファリ」の名で国内展開されていましたが、2007年に日本での販売を終えています。

 サファリの販売終了後、国内の大型SUV市場はトヨタ「ランドクルーザー」とレクサス「LX」が人気を独占し、共に長い納期待ちとなっています。

 大型SUV人気が高まるなか、新型アルマダ/パトロールを用いたサファリの国内再導入にも期待したいところです。