6年ぶりのフルモデルチェンジを受け、2022年11月28日に発売される6代目新型「セレナ」。どのような先進機能が搭載されるのでしょうか。

5代目セレナにも設定された「プロパイロット」は全車標準装備

 日産は、2022年11月28日に新型「セレナ」を発表しました。一部グレードから先行して、今冬より発売されます。進化した快適・安全装備を備えた新型セレナは、どのような特徴があるのでしょうか。

 6代目となる新型セレナは、セレナとしては先代(5代目)で初搭載された高速道路の単一車線での運転支援技術「プロパイロット」を全車に搭載したほか、より進化した先進運転支援技術「プロパイロット2.0」をミニバンとして世界初搭載。最上位グレードの「LUXION(ルキシオン)」に標準装備しました。

 プロパイロット2.0は、ナビゲーションで目的地を設定し、高速道路の本線に合流するとナビ連動ルート走行を開始。車線変更をともなう追い越しや分岐なども含めて、ルート上にある高速道路の出口までの走行をアシストします。

 プロパイロット2.0では状況に応じて同一車線内でハンドルから手を離すハンズオフも可能なほか、追い越し時の車線変更の支援機能や、ルート走行中の車線変更と分岐の支援機能など、充実した機能でロングドライブの疲労を軽減します。

 駐車時においても、新型セレナはドライバーの運転操作をアシスト。一度駐車した場所を駐車枠として記録することが出来る、メモリー機能付き「プロパイロット パーキング」を日産車として初搭載したほか、最上級グレードのLUXIONには、リモコン操作で出し入れが可能となる「プロパイロット リモート パーキング」を標準装備します。

 ドライバー以外も楽しく移動できる快適装備として、USBの設定や車内Wi-Fi・乗る前エアコンにも対応するほか、クルマ酔い対策のひとつとして新開発シートを採用。車体の揺れの伝達を抑えることで、クルマ酔いにつながる頭の急な揺れを抑制します。

 さらに、e-POWER車のパワーユニットには第2世代に進化した電動パワートレイン「e-POWER」を搭載。先代のe-POWER車よりパワフルで気持ちの良い加速性能を実現しただけでなく、静粛性も高められているといいます。

 新型セレナは2WDのガソリン車が今冬から発売されます。e-POWER車および4WDのガソリン車は2023年春ごろを予定しています。

 それではここでクイズです。

 新型セレナに搭載される電動パワートレイン「e-POWER」について、適切な記述はどれですか。

【1】発進時や加速時にモーターがエンジンを補助する、パラレル方式のハイブリッドである

【2】ガソリンエンジンを搭載していない、完全電気自動車である

【3】エンジンは発電用に搭載され、モーターから動力を得るシリーズ方式のハイブリッドである

※ ※ ※

 正解は、【3】の「エンジンは発電用に搭載され、モーターから動力を得るシリーズ方式のハイブリッドである」です。

 日産のシリーズ式ハイブリッドシステムである「e-POWER」は、2016年11月2日に実施された2代目「ノート」のビッグマイナーチェンジ時に同車へ初搭載されました。

 優れた燃費性能だけでなく、モーター駆動によるレスポンスの良さやなめらかな加速も特徴。

 2022年現在、新型セレナやノートだけでなく、SUVの「エクストレイル」や「キックス」にも搭載されています。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定