日産は2022年11月28日、ミディアムクラスミニバンの新型「セレナ」を発表しました。これに伴い、純正車中泊仕様車の新型「セレナ マルチベッド」の詳細を明らかにしました。どういったモデルなのでしょうか。

新型「セレナ マルチベッド」登場!

 日産は2022年11月28日、ミディアムクラスミニバン新型「セレナ」を発表。

 これに伴い、日産車のカスタム車や福祉車両、架装車を手掛ける日産モータースポーツ&カスタマイズ株式会社 オーテック事業部は、新型「セレナ マルチベッド」を発表しました。

 セレナは1991年の初代デビュー以来、時代が求めるファミリーの楽しみを追求し、進化を続けているミニバンです。

 “BIG”、“EASY”、“FUN”をコンセプトに、室内の広さや使い勝手、快適性など、運転席から3列目に乗る人まで、全ての人が楽しく快適に移動ができるように初代から企画開発。

 全面刷新は6年ぶりで、今回で6代目モデルとなります。

 そんななか、今回の新型セレナに純正車中泊仕様「セレナ マルチベッド」がラインナップされました。

 マルチベッドシリーズでは、シートレイアウトの3列目シートを取り去った2列シートとし、収納式のベッドシステムを備えて、高い実用性と快適空間を実現。

 ベッドサイズは長さ2120mm×幅は1320mmと、セミダブルサイズを超える広さで、頭上空間も830mm確保されており、大人2人が寝てもゆったりできる空間となっています。

 ベッドマットの厚みは従来比+10mmとなり、より快適な就寝を可能に。

 またベース車では防水シートを標準装備し(一部グレードを除く)、ベッドマットにも同様の防水性のある素材を採用。汚れが拭き取りやすく手入れが簡単にしやすくなっています。

 ラインナップには、「XV」、「ハイウェイスターV」、「e-POWER XV」、「e-POWER ハイウェイスターV」グレードのほか、カスタムカー「AUTECH」を新たにベース車としてラインナップしました。

 マルチベッドシリーズは、セレナのほか「キャラバン」や「NV200バネット」にも展開されていますが、2車種と比べて、30代から40代で比較的若いファミリー層がターゲットとなっています。

 乗用車としての普段使いに加え、週末のキャンプや車中泊可能な汎用性が優位点です。また、2車種にはないe-POWER搭載も魅力に挙げられます。

 車中泊のみならず、ペット連れの旅や、もしもの時の一時的な避難場所としての活用も可能となっています。

そんな新型セレナ マルベッドの価格は、365万9700円から469万9200円です。(消費税込み)

 なお、ガソリン車は今冬、e-POWER車は来春に発売予定です。