トヨタが日本でも展開するピックアップトラック「ハイラックス」。Vishnu Suresh氏は、そんなハイラックスを6輪化するなどド派手なカスタム仕様のレンダリングを作成、自身のSNSで公開しました。

トヨタ「ハイラックス」を6輪&シャコタン化!

 トヨタが世界で展開するピックアップトラック「ハイラックス」は、日本でも販売されていますが、そんなハイラックスをインドのアーティスト「Vishnu Suresh氏」は、6輪化するなどド派手なカスタマイズ仕様のイメージCG(レンダリング)を作成、自身のSNSで公開しました。

 ハイラックスは、その初代モデルは1968年に登場と長い歴史を持つピックアップトラック。現在では、約180の国および地域で販売されるグローバルモデルです。

 現行ハイラックスは、2017年9月に約13年ぶりに日本市場復活を果たした8代目。2020年8月にはマイナーチェンジしています。

 ボディサイズは全長5340mm×全幅1855mm×全高1800mmと国内で展開される車種の中では大柄ですが、トヨタが北米などで展開する「タンドラ」(全長5814mm×全幅2030mm×全高1925mm)や「タコマ」(全長5728mm×全1910mm×全高1793mm)といった他のピックアップトラックよりはコンパクトな位置づけとなります小柄です。

 日本仕様では、2.4リッターディーゼルターボエンジンを搭載し、これに組み合わせるトランスミッションとして6速ATが設定されています。

 アーティストのVishnu Suresh氏は想像を膨らませ、そんなハイラックスを6輪化するなどド派手なカスタム仕様に変えたイメージデザイン(レンダリング)を公開しています。

 公開されたイメージデザインでは、ハイラックスの荷台部分を延長し、6輪化するほか、極端なローダウンをおこない、もはやオフロードでの走行は不可能なほど程になっています。

さらにワイドフェンダーを取り付け、拡大した車幅に合わせてフロントバンパーのデザインも変更するほか、カナードやアンダースポイラーも取り付けられレーシーな雰囲気を醸し出します。

足元には、Vossen社製の大径ホイールに、トーヨータイヤの「PROXES R888R」が組み合わされ装備されます。

※ ※ ※

 Vishnu Suresh氏は、BMWやKIA、トヨタなどさまざまなクルマをド派手にカスタマイズしたレンダリングを作成して、自身のSNSに投稿しています。

 Vishnu Suresh氏の製作したレンダリングは、もちろん非現実ですが、同じくトヨタのピックアップ「タンドラ」でも、シャコタン仕様や6輪化したモデルが存在します。いつの日かハイラックスのこのようなカスタマイズモデルが現実に出てくる可能性を否定できません。