ホンダのコンパクトカー「フィット」のマイナーチェンジに合わせ、ホンダアクセスが各種純正アクセサリーを設定しました。

新型「フィットRS」のアクセサリーパーツとは

 ホンダのコンパクトカー「フィット」が2022年10月にマイナーチェンジし、2年半ぶりにスポーティな「RS」グレードが追加設定されました。

 新型「フィットRS」の登場や既存グレードの一部デザイン変更にともない、ホンダ車の純正パーツを開発するホンダアクセスは専用アクセサリーパーツをラインナップ。新型フィットでは、どのようなカスタマイズが楽しめるのでしょうか。

 「FIT. in YOUR LIFE」をグランドテーマに掲げた新型フィットのアクセサリーとして、「RS」グレードではイルミネーション系のアイテムが用意されました。

 悪天候時などに自車に近い範囲を照らし、周囲に自車の存在をアピールするクリア/イエロー2タイプの「LEDフォグライト」を設定。「フォグライトガーニッシュ」とあわせて、フォグライトの光で新型フィットRSの存在感をアピールすることができます。

 さらに、ドア開閉時に「FIT」のロゴが足元を照らす「パターンプロジェクター」や、ホワイト/ブルーから選べる「サイドステップガーニッシュ」などの、イルミネーションアイテムが上質で華やかなイメージを演出します。

 ほかにも、精悍な印象の「ブラックエンブレム」やアルミの「スポーツペダル」なども設定されました。

 RS以外のグレードでは、「ベーシック」「ホーム」「リュクス」用として、ベルリナブラックがシャープな「フロントグリル」や、スポーティなシルエットを与えるフロント/サイド/リアの「ロアスカート」をラインナップ。

 さらに、ベーシック/ホーム用の「LEDフォグライト」は、ロアグリル部分にプラチナメッキが施された「フォグライトガーニッシュ」と組み合わせることで、スタイリッシュなフロントフェイスにイメチェンすることが可能です。

 さらに、SUV風の「クロスター」のアクセサリーとしては、「アームレストコンソール」やテールゲートを開けたときにラゲッジスペースを照らす「LEDテールゲートライト」といった実用的なアイテムが用意されました。

 価格(消費税込)は、RS用の「LEDフォグライト」が3万800円から、「パターンプロジェクター」が2万5300円、「フットライト」が1万2100円。

 ベーシック/ホーム/リュクス専用の「フロントグリル」が2万7500円から、「ロアスカート」がフロント用4万4000円/リア用3万5200円、ベーシック/ホームの「フォグライトガーニッシュ」が1万1000円です。

 また、クロスターの「アームレストコンソール」が2万5300円、「LEDテールゲートライト」が1万1000円です。