ホンダの高級ブランド「アキュラ」は2022年12月5日、新型「インテグラ タイプS」をラインナップに加えると発表しました。ハイパフォーマンス仕様だといいますが、どのような仕様になっているのでしょうか。

300馬力超えの「爆速インテグラ」登場!

 ホンダが北米などで展開する高級車ブランドの「アキュラ」は、新型「インテグラ タイプS」を現在開発中であることを2022年12月5日に発表しました。
 
 新型インテグラ タイプSは2024年モデルのラインナップに加えられる予定です。

 ホンダを代表するスポーツクーペ・セダンの「インテグラ」は1985年に登場。以来、3代目からハイパフォーマンスモデルの「タイプR」モデルを設定するなど進化を続け、4世代22年に渡って日本をはじめ、アキュラブランドとしても展開。2007年を最後に一度その歴史に幕を閉じていました。

 2021年8月にアメリカ・カリフォルニアで開催された「モントレー・カー・ウィーク」にて、アキュラは稲妻のようなヘッドライトを公開し、新型インテグラの2023年導入を明らかにしました。これにより14年越しに「インテグラ」の車名が復活することとなったのです。

 そして、2022年6月2日にアキュラは新型インテグラを北米市場で発売しました。

 新型インテグラは1986年のアキュラブランド立ち上げの際に導入された初代インテグラをはじめ、歴代モデルにインスパイアされたデザインを持つ、5ドアリフトバックのプレミアムスポーツコンパクトです。

 パワートレインは最高出力203馬力を発揮する1.5リッター直列4気筒VTECターボエンジンにCVTまたは6速MTの組み合わせとなっています。

 今回の発表では、2024年モデルにハイパフォーマンスモデルの「タイプS」がラインナップに加わるとアナウンスしています。

 搭載されるエンジンは300馬力以上を誇る2リッターVTECターボエンジンと6速MTを組み合わせ、さらにLSDも装備されます。

※ ※ ※

 現在、新型インテグラ タイプSに関する価格などの情報は公開されておらず、今後登場が近づくタイミングで公表されるということです。